お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 13:20
ビジュアルプログラミング環境ATのハードウェア制御機能を用いた教材の開発と評価
上島 駿信州大)・國宗永佳千葉工大)・山本 樹創価大)・新村正明信州大ET2018-91
抄録 (和) プログラミング教材において,画面内で提示される変数の値(数値やテキストなど)より,LEDの点灯や車の模型の動作のような具体的なものを制御する方が,学習者の直感的理解を促し,プログラミングへの興味を引ける.よって,ハードウェアを制御する型の教材は,学習者の動機づけの維持・向上につながることが期待できる.筆者らはビジュアルプログラミング環境ATを開発しており,ATへ外部ハードウェアを制御する機能を実装した.今回は,ATのハードウェア制御機能を用いた,プログラムの動作結果をLEDの点滅によって表現可能な教材を開発した.この教材を実際の大学の授業で使用し,受講生に対して主にプログラミングへの動機づけに関するアンケート調査を行った.本稿では,開発した教材および授業実践の概要とアンケート調査の結果について報告する. 
(英) In order to intuitively understand in programs' behavior and generate interest in programming, observing phenomena occurring on concrete things (e.g. LEDs and model cars) is suitable than watching the transition of variables' value. The authors of this paper developed a visual programming environment: AT and implemented functionalities for controlling external hardware to AT. We also developed teaching materials, which express the execution results of the program as on/off of LEDs by using these functionalities. We introduced the materials in university classes and conducted a survey mainly on students’ motivation for programming. This paper subscribes the outline of the materials, the practice of the classes and the results of the survey.
キーワード (和) プログラミング教育 / マイコン / ビジュアルプログラミング環境 / 動機づけ / / / /  
(英) programming education / micro controller / visual programming environment / motivation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 510, ET2018-91, pp. 23-28, 2019年3月.
資料番号 ET2018-91 
発行日 2019-03-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2018-91

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2019-03-15 - 2019-03-15 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) IoTと教育・学習支援/一般 
テーマ(英) IoT & Education/Learning Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2019-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビジュアルプログラミング環境ATのハードウェア制御機能を用いた教材の開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of Teaching Materials with Functionalities for Controlling External Hardware of a Visual Programming Environment: AT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラミング教育 / programming education  
キーワード(2)(和/英) マイコン / micro controller  
キーワード(3)(和/英) ビジュアルプログラミング環境 / visual programming environment  
キーワード(4)(和/英) 動機づけ / motivation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上島 駿 / Shun Kamijima / カミジマ シュン
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 國宗 永佳 / Hisayoshi Kunimune / クニムネ ヒサヨシ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 樹 / Tatsuki Yamamoto / ヤマモト タツキ
第3著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 新村 正明 / Masaaki Niimura / ニイムラ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2018-91 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.510 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2019-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会