電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 14:10
データベースの演習授業を支援するWebアプリケーションの開発と実授業への適用
國本倫平久松潤之阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) データベースを扱う授業において,演習を行うためには,学生の計算機にデータベースを操作する環境を 構築する必要がある.しかし,PC の操作が苦手な学生の場合, 環境構築が学習の障害になってしまう.また,環境 構築の時間を授業内で確保する必要があり,実際に演習を行う時間が減少するという問題がある.本稿では,データ ベース操作を,手軽に学習できる Web アプリケーションとして,データベース演習支援システムを提案し,実際の講 義で利用,受講者へのアンケート調査により検証する.データベース演習支援システムは,Web アプリケーションで あるため,各学生の計算機へ環境構築を行う必要がなく,ブラウザでログインするのみで学習を始めることができる. データベース演習支援システムでは,データベース操作言語として用いられている SQL や,現在,データベースを利 用したシステムの開発において,主なデータベースへのアクセス方法である,O/R マッパーを利用した演習を行うこ とが可能である.また,データベース演習支援システムでは,演習課題の採点を自動化しており,学生は提出した回 答の正誤を即座に確認でき,教員は各演習問題の回答状況を確認できる.これにより,教員は,正答率の低い課題を 把握し,重点的に解説を行うことが可能となる.アンケート調査の結果から,データベース演習支援システムの導入 により,学生が環境構築など,演習を開始するまでに感じでいた問題は少なくなり,演習に専念できたことがわかる. 
(英) In this paper, we propose a database exercise support system as a Web application by which a student can learn SQL easily. By using our system, it is possible to, study one of O/R mappers that are important access methods to a database in development of the system. Because our system is a Web application, a student can utilize the system without environmental construction. A student can submit assignments on the system, and based on it a teacher can confirm the progress status of a student’s seminar problem. The database seminar support system proposed in this paper was utilized for an actual course and was verified by a questionnaire given to the students. From the results of the survey, we show that mitigating the problems related to installing the necessary environment for database learning allows a teacher and students focus on the essential contents of database course by using our system.
キーワード (和) データベース / 授業支援システム / e-learning / Web アプリケーション / / / /  
(英) Databases / Course Support System / e-learning / Web application / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 510, ET2018-93, pp. 35-40, 2019年3月.
資料番号 ET2018-93 
発行日 2019-03-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2019-03-15 - 2019-03-15 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) IoTと教育・学習支援/一般 
テーマ(英) IoT & Education/Learning Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2019-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データベースの演習授業を支援するWebアプリケーションの開発と実授業への適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design, implementation and evaluation of a Course Support System for Database Exercises 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データベース / Databases  
キーワード(2)(和/英) 授業支援システム / Course Support System  
キーワード(3)(和/英) e-learning / e-learning  
キーワード(4)(和/英) Web アプリケーション / Web application  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 國本 倫平 / Rimpei Kunimoto / クニモト リンペイ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久松 潤之 / Hiroyuki Hisamatsu / ヒサマツ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2018-93 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.510 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2019-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会