電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 10:25
Shadowing Effect Prediction based on Physical Optics Approach for Millimetre Wave Mobile Communication
Xin DUKentaro SaitoJun-ichi TakadaTitech)・Mitsuki NakamuraMotoharu SasakiWataru YamadaYasushi TakatoriNTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,26GHzと66GHzの2周波数における屋内オフィス環境において,チャネルサウンダを用いて遮蔽損失の測定を行った.複数の場所に金属・人の様々な障害物による遮蔽損失特性を測定した.遮蔽損失の予測手法として,ナイフエッジ回折モデル(KEDM)及び物理光学法(PO)を実験結果と比較し,検討を行った. 
(英) In this study, the shadowing measurement was done by using channel sounder in the indoor office environment at two frequency bands, i.e. 26 GHz and 66 GHz. Shadowing loss characteristics of multi objects, i.e. human body, metal box in different places were measured. Two prediction methods are examined, i.e. knife-edge diffraction method (KEDM) and physical optics (PO), by comparing with the measurement results.
キーワード (和) 電波伝搬 / ミリ波 / 遮蔽効果 / 様々物体 / KEDM / 物理光学 / 前方散乱 /  
(英) propagation / millimetre-wave / shadowing effect / multi objects / KEDM / physical optical / forward scattering /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 504, AP2018-192, pp. 35-40, 2019年3月.
資料番号 AP2018-192 
発行日 2019-03-07 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 旅館 湯乃家(福島・飯坂温泉) 
開催地(英) Yunoya (Iizaka Onsen, Fukushima) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-03-AP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Shadowing Effect Prediction based on Physical Optics Approach for Millimetre Wave Mobile Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / propagation  
キーワード(2)(和/英) ミリ波 / millimetre-wave  
キーワード(3)(和/英) 遮蔽効果 / shadowing effect  
キーワード(4)(和/英) 様々物体 / multi objects  
キーワード(5)(和/英) KEDM / KEDM  
キーワード(6)(和/英) 物理光学 / physical optical  
キーワード(7)(和/英) 前方散乱 / forward scattering  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杜 キン / Xin DU / ト キン
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institude of technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institude of technology (略称: Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institude of technology (略称: Titech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 光貴 / Mitsuki Nakamura / ナカムラ ミツキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT アクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service System Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 元晴 / Motoharu Sasaki / ササキ モトハル
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT アクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service System Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 渉 / Wataru Yamada / ヤマダ ワタル
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT アクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service System Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 泰司 / Yasushi Takatori / タカトリ ヤスシ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT アクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service System Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-192 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.504 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会