電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 16:15
SmartBANの統合的性能評価に関する一検討
高林健人岡山県立大)・田中宏和広島市大)・榊原勝己岡山県立大MICT2018-73
抄録 (和) 近年,人医療・ヘルスケア機器・ロボットを用いた在宅医療や遠隔医療システムを構築するための医療・ヘルスケアIoT(Internet of Things)に注目が集まっている. 2015年4月には,欧州電気通信標準化機構(ETSI)が進めている医療・ヘルスケア向け標準規格である,「Smart Body Area Networks (SmartBAN)」における,物理層 (PHY),メディアアクセス制御層 (MAC)に関するシステム規格書が発行された.本研究では,修正したSmartBAN物理層パケット構成で用いるSFDの系列として,新たにITU-T Rec. H.223で提案された16ビットフラッグを用いて,プリアンブル検出と物理層における統合的な性能評価を行った.加えて,MAC層におけるアクセス制御方式の特性も考慮に加えた,クロスレイヤでの性能評価についても検討を行った.計算機シミュレーションの結果,ITU-T Rec. H.223 16ビットフラッグの有効性と,Slotted ALOHAを用いたランダムアクセス区間における許容遅延時間や最大スループットを達成するノード数について確認することが出来た. 
(英) This study performs integrated performance evaluation, including preamble detection in the Smart Body Area Networks (SmartBAN) physical layer (PHY) using the ITU-T Rec. H.223 16-bit flag. In addition, cross-layer performance evaluation between the PHY and the MAC layer is performed. Numerical results by the computer simulation show that the allowable delay time, and the number of nodes achieving the maximum throughput in the random access period using the Slotted ALOHA protocol in addition to the effectiveness of the ITU-T Rec. H.223 16-bit flag.
キーワード (和) SmartBAN / プリアンブル検出 / ITU-T Rec. H.223 / クロスレイヤ性能評価 / / / /  
(英) SmartBAN / Preamble detection / ITU-T Rec. H.223 / Cross-layer evaluation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 509, MICT2018-73, pp. 27-32, 2019年3月.
資料番号 MICT2018-73 
発行日 2019-03-08 (MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MICT2018-73

研究会情報
研究会 EMCJ MICT  
開催期間 2019-03-15 - 2019-03-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 生体,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2019-03-EMCJ-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SmartBANの統合的性能評価に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Integrated Performance Evaluation of SmartBAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SmartBAN / SmartBAN  
キーワード(2)(和/英) プリアンブル検出 / Preamble detection  
キーワード(3)(和/英) ITU-T Rec. H.223 / ITU-T Rec. H.223  
キーワード(4)(和/英) クロスレイヤ性能評価 / Cross-layer evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高林 健人 / Kento Takabayashi / タカバヤシ ケント
第1著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏和 / Hirokazu Tanaka / タナカ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 勝己 / Katsumi Sakakibara / サカキバラ カツミ
第3著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-MICT2018-73 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.509 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MICT-2019-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会