電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 14:45
モード変換損パラメータLCL/TCLとミックスドモードSパラメータSdc/Scd
杉浦 行京大)・松嶋 徹九工大)・和田修己京大EMCJ2018-110
抄録 (和) 電話線などの通信ケーブルや部品の平衡度特性はパラメータ、LCLやTCLで表されており、バラン変成器を使った測定法が国際的に定められている。一方、LANケーブルなどの平衡度特性は、ベクトル・ネットワークアナライザで容易に測定できるMixed-mode S parameter, Sdc, Scdを使用することが国際規格などで検討されている。このため本論文では、これらの4個のモード変換パラメータLCL, TCL, Sdc, Scdを被測定部品のモード・インピーダンスで表し、各パラメータを比較して問題点を明らかにする。 
(英) In wired telephone and LAN systems, a signal propagates in the differential mode along a pair of balanced wires. However, conversion of the signal to the common mode may occur due to the imbalance of the connected devices, resulting in losses of the signal power. In addition, the devices may change external unwanted noise to the differential mode and degrade the signal quality. Accordingly, the mode conversion characteristics of the devices are key factors in signal transmission and measured in terms of the parameters: LCL, TCL, or Mixed-mode S-parameters. Theoretical analysis is carried out to express these mode conversion parameters in terms of the mode impedances of the device to discuss the relationship between the parameters.
キーワード (和) LCL / TCL / コモン・モード / ディファレンシャル・モード / ミックスドモードSパラメータ / / /  
(英) LCL / TCL / Common mode / Differential mode / Mixed-mode S parameters / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 508, EMCJ2018-110, pp. 17-22, 2019年3月.
資料番号 EMCJ2018-110 
発行日 2019-03-08 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2018-110

研究会情報
研究会 EMCJ MICT  
開催期間 2019-03-15 - 2019-03-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 生体,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2019-03-EMCJ-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モード変換損パラメータLCL/TCLとミックスドモードSパラメータSdc/Scd 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mode Conversion Parameters: LCL, TCL, Sdc, and Scd 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LCL / LCL  
キーワード(2)(和/英) TCL / TCL  
キーワード(3)(和/英) コモン・モード / Common mode  
キーワード(4)(和/英) ディファレンシャル・モード / Differential mode  
キーワード(5)(和/英) ミックスドモードSパラメータ / Mixed-mode S parameters  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 行 / Akira Sugiura /
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 徹 / Tohlu Matsushima /
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 修己 / Osami Wada /
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Unv.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2018-110 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.508 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2019-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会