お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 13:45
双対な帳票作成による能動的な簿記学習Webコンテンツ ~ -ネットワークを利活用した教材開発- ~
森 友寿松島高校)・秋月 治宮城大ET2018-92
抄録 (和) 簿記学習において取引から仕訳を行う学習内容を修得することが重要である.従来,仕訳の演習ではある会社がその取引相手との間で種々の取引を行う内容の出題に対する解答を学習者が行っていた我々は,その際に学習者の視点を対象とした会社からだけではなく取引相手から見た取引に広げることにより,取引内容やそれに伴う帳票の対称性を生徒に認識させることが可能になると考え,それぞれの取引を行う会社双方の仕訳を作成させることで,学習内容の更なる定着を目指した.また,生徒の学習進度に適応した取引の出題内容にすることで,学習に対する苦手意識の軽減を図った.学習コンテンツはWebベースで作成し,生徒は解答を提出した直後に正否と正解を見ることができる.また,サーバーに保存された解答を教員と解答を行った生徒が逐次閲覧できることで,学習指導を適時行うことを考えた. 
(英) In bookkeeping learning it is important to master the content of learning that carries out journals from transactions. Letters answer journal entries, which are quizzed on contents of assumption that a company described in transactions with learner carries out transactions. Therefore, we can create journals with two-way transactions by engaging in learning to sort out transactions viewed from other companies that have traded with learners not only from viewpoint of principal company but also from viewpoint of counterparty. With using two-way transactions, increasing of educational effect in bookkeeping learning can be expected. In addition, weak consciousness may be reduced with providing depending on the degree of each student’s learning progress.We create web contents with which each student can know the correctness of answer and the correct answer of question immediately after submitting the answer. Also, each student may study adapting own learning progress. Answers are saved in database, teachers and student who answered can look the answer via network. Each question of journal creating include two-way transactions, that is, students must answer not only from viewpoint of principal company but also from viewpoint of counterparty. We report the web contents and effective class method with using the contents.
キーワード (和) 商業科目 / 簿記 / アクティブラーニング / アダプティブラーニング / ゲーミフィケーション / / /  
(英) Commercial subjects / Bookkeeping / Active learning / Adaptive Learning / Gamification / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 510, ET2018-92, pp. 29-34, 2019年3月.
資料番号 ET2018-92 
発行日 2019-03-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2018-92

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2019-03-15 - 2019-03-15 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) IoTと教育・学習支援/一般 
テーマ(英) IoT & Education/Learning Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2019-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双対な帳票作成による能動的な簿記学習Webコンテンツ 
サブタイトル(和) -ネットワークを利活用した教材開発- 
タイトル(英) Web contents for active learning of bookkeeping with creating duality forms 
サブタイトル(英) -Development of teaching materials utilizing network- 
キーワード(1)(和/英) 商業科目 / Commercial subjects  
キーワード(2)(和/英) 簿記 / Bookkeeping  
キーワード(3)(和/英) アクティブラーニング / Active learning  
キーワード(4)(和/英) アダプティブラーニング / Adaptive Learning  
キーワード(5)(和/英) ゲーミフィケーション / Gamification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 友寿 / Tomohisa Mori / モリ トモヒサ
第1著者 所属(和/英) 宮城県松島高等学校 (略称: 松島高校)
Miyagi Matsushima High School (略称: Matsushima H.S.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋月 治 / Osamu Akizuki / アキヅキ オサム
第2著者 所属(和/英) 宮城大学 (略称: 宮城大)
Miyagi University (略称: Miyagi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2018-92 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.510 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2019-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会