電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 13:30
[ポスター講演]落語音声合成におけるTacotronおよびコンテキスト特徴量の使用とその評価
加藤集平総研大/NII)・高木信二山岸順一NII)・安田裕介総研大/NII)・Xin WangNII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人を楽しませる音声合成を目指して,落語の音声合成の構築に取り組んでいる.本稿では音声合成のモデルとして,sequence to sequenceのモデルであるTacotronを新たに導入した.また,落語は一人の演者(噺家)が複数の登場人物を演じ分け,主にそれらの会話によって物語を進行させる.そのため,役や発話スタイルが区別できることは,落語を聞いて理解する上で重要であると考えられる.そこで,登場人物の属性や発話スタイルに対応するコンテキスト特徴量を使用することで,落語として聞けるものに近づくことを目指した.現状では,
特に長い文でアラインメントが取れずに合成に失敗したり,学習速度が遅かったりするなど様々な問題を抱えているが,それらの問題についても議論する. 
(英) We have been working on constructing rakugo (a traditional Japanese verbal entertainment) speech synthesis toward speech synthesis which makes audience fun. In this paper, we adopt Tacotron, which is a sequence to sequence speech synthesis model. In rakugo, a rakugo performer by himself/herself plays multiple characters, and conversations by them make the story progress. Therefore, attributes of characters or speaking styles should be distinguished in order to listen to rakugo and understand it. We use context features which are corresponding to roles or speaking styles to improve our synthesizer's quality. As things stand at the moment, we have many problems such as alignment failures especially with long sentences, and slow training speed. We discuss these problems in this paper.
キーワード (和) 落語 / 音声合成 / Tacotron / コンテキスト / / / /  
(英) rakugo / speech synthesis / Tacotron / context / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 497, SP2018-88, pp. 161-166, 2019年3月.
資料番号 SP2018-88 
発行日 2019-03-07 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) アイランド ナガサキ(長崎市) 
開催地(英) i+Land nagasaki (Nagasaki-shi) 
テーマ(和) 応用/電気音響,信号処理,音声,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Speech, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2019-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 落語音声合成におけるTacotronおよびコンテキスト特徴量の使用とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Use and evaluation of Tacotron and context features in rakugo speech synthesis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 落語 / rakugo  
キーワード(2)(和/英) 音声合成 / speech synthesis  
キーワード(3)(和/英) Tacotron / Tacotron  
キーワード(4)(和/英) コンテキスト / context  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 集平 / Shuhei Kato / カトウ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 総合研究大学院大学/国立情報学研究所 (略称: 総研大/NII)
SOKENDAI/National Institute of Informatics (略称: SOKENDAI/NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 信二 / Shinji Takaki / タカキ シンジ
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Infomatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 順一 / Junichi Yamagishi / ヤマギシ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Infomatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 裕介 / Yusuke Yasuda / ヤスダ ユウスケ
第4著者 所属(和/英) 総合研究大学院大学/国立情報学研究所 (略称: 総研大/NII)
SOKENDAI/National Institute of Informatics (略称: SOKENDAI/NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Xin Wang / Xin Wang / Xin Wang
第5著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Infomatics (略称: NII)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 13:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2018-126,IEICE-SIP2018-132,IEICE-SP2018-88 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.495(EA), no.496(SIP), no.497(SP) 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2019-03-07,IEICE-SIP-2019-03-07,IEICE-SP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会