電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 13:30
[ポスター講演]MVDRビームフォーマの時間周波数スイッチングによる劣決定音声強調
山岡洸瑛筑波大)・小野順貴首都大東京)・牧野昭二山田武志筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,ステレオマイクロフォンから利用可能な新たな劣決定音声強調手法を提案する.我々は以前,時間周波数点毎に事前構成した複数のビームフォーマを切り替えて音声強調を行う時間周波数スイッチング (time-frequency-bin-wise switching; TFS) ビームフォーマを提案した.しかし,TFS ビームフォーマは劣決定系において高い音声強調性能を示す一方で,目的音源および存在するそれぞれの干渉音源の事前情報を用いて複数のビームフォーマのフィルタ係数を事前に推定する必要があり,実環境における使用に制限があった.本稿では,この問題を解決するため,ビームフォーマの構成と切り替えを同時最適化問題として再定式化し,それを解く新たなアルゴリズムを提案する.提案するアルゴリズムは,時間周波数点毎に最も支配的な音源のクラスタリングとその点を用いた最小分散無歪応答(minimum variance distortionless response; MVDR) ビームフォーマの構成という2つのステップにより音声強調を行っていると解釈することができる.実験では,干渉音の方向によらず,従来の時間周波数マスキングやMVDR ビームフォーマを上回る音声強調性能を達成することを確認した. 
(英) In this paper, we present an underdetermined speech enhancement method called the time-frequency-bin-wise switching beamformer. In this method, we switch multiple preconstructed beamformers in each time-frequency (TF) bin, each of which suppresses a particular interferer. However, this method requires the target-active period and interferer-wise-active periods as the prior information. In this paper, to overcome this limitation, we formulate the switching and construction of beamformers as a joint optimization problem, which can be understood from two viewpoints: the clustering of the most dominant interferer signal in each TF bin and the construction of MVDR beamformers using such bins.
キーワード (和) ビームフォーミング / 時間周波数点マスキング / 劣決定問題 / 音声強調 / 非線形信号処理 / / /  
(英) beamforming / time-frequency masking / underdetermined situation / speech enhancement / nonlinear signal processing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 497, SP2018-86, pp. 149-154, 2019年3月.
資料番号 SP2018-86 
発行日 2019-03-07 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) アイランド ナガサキ(長崎市) 
開催地(英) i+Land nagasaki (Nagasaki-shi) 
テーマ(和) 応用/電気音響,信号処理,音声,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Speech, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2019-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MVDRビームフォーマの時間周波数スイッチングによる劣決定音声強調 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MVDR beamformer based on time-frequency-bin-wise switching technique for underdetermined speech enhancement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビームフォーミング / beamforming  
キーワード(2)(和/英) 時間周波数点マスキング / time-frequency masking  
キーワード(3)(和/英) 劣決定問題 / underdetermined situation  
キーワード(4)(和/英) 音声強調 / speech enhancement  
キーワード(5)(和/英) 非線形信号処理 / nonlinear signal processing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 洸瑛 / Kouei Yamaoka / ヤマオカ コウエイ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 順貴 / Nobutaka Ono / オノ ノブタカ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 昭二 / Shoji Makino / マキノ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 武志 / Takeshi Yamada / ヤマダ タケシ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 13:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2018-124,IEICE-SIP2018-130,IEICE-SP2018-86 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.495(EA), no.496(SIP), no.497(SP) 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2019-03-07,IEICE-SIP-2019-03-07,IEICE-SP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会