電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 15:35
繰り返し誤り検出型のクラスタリング手法に適用したニューラルネットワークのDropout層の効果
渡邉大志山内将行広島工大)・田中 衞上智大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IoT は大きく発展し続けており,インターネット上の雑然としたビックデータを有効に扱う必要が益々高まりつつある.
このビックデータの分類,解析をする上で重要となる技術の一つにクラスタリングがある.
我々が以前から開発してきた,クラシフィケーションが可能なアルゴリズムである``繰り返し誤り検出型のクラスタリング手法''にニューラルネットワークを適用したシステムがある.
このシステムの最適化の工夫として有効であったと考えられるDropout層の影響について調査を行う。 
(英) IoT has been continued to develop greatly. It is important that cluttered big data need to be used effectively on internet.
Clustering is one of important techniques for seperating and analyzing of big data.
There is a ``Iterative Error-detection type clustering method system'' with Neural Networks that we have developed.
We investigate the effect of the Dropout layer which is thought to device considered useful for optimization of the system.
キーワード (和) クラスタリング / 繰り返し誤り検出型 / ニューラルネットワーク / クラシフィケーション / データマイニング / ドロップアウト / /  
(英) Clustering / Iterative Error-Detection / Neural Networks / Classification / Data Mining / Dropout / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 498, NLP2018-130, pp. 31-36, 2019年3月.
資料番号 NLP2018-130 
発行日 2019-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP MSS  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 福井大学 文京キャンパス 
開催地(英) Bunkyo Camp., Univ. of Fukui 
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-MSS研究会,IEICE-NLP研究会の3研究会併催,一般およびWork In Progress(WIP) 
テーマ(英) SICE-DES, IEICE-MSS, IEICE-NLP, Work In Progress, and etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-03-NLP-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 繰り返し誤り検出型のクラスタリング手法に適用したニューラルネットワークのDropout層の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Dropout Layers of Neural Networks Applied for Iterative Error-Detection Clustering Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(2)(和/英) 繰り返し誤り検出型 / Iterative Error-Detection  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural Networks  
キーワード(4)(和/英) クラシフィケーション / Classification  
キーワード(5)(和/英) データマイニング / Data Mining  
キーワード(6)(和/英) ドロップアウト / Dropout  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 大志 / Taishi Watanabe / ワタナベ タイシ
第1著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: Hiroshima Institute of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 将行 / Masayuki Yamauchi / ヤマウチ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: Hiroshima Institute of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 衞 / Mamoru Tanaka / タナカ マモル
第3著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-130 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.498 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会