電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 13:30
[ポスター講演]ステガノグラフィック音響秘密分散法
野口 洲・○薗田光太郎喜安千弥長崎大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 秘密分散法では,1つの秘密情報を複数個に分散させて管理している.しかし,複数個に分散させた秘密情報の1つ1つは通常意味のない内容で,一目で怪しいと感じられるため,攻撃を受けやすい.そこで本報告では,秘密分散法にステガノグラフィの要素を取り入れ,1つの秘密情報を複数個の意味のある内容のステゴデータに分散させて管理するステガノグラフィック秘密分散法を提案する.こうすることで,分散させた1つ1つは意味のある内容であるため怪しまれにくく攻撃を受けにくい.仮に分散させた1つを取られたとしても秘密分散をしているため,秘密情報を検出できない.本稿ではステガノグラフィック音響秘密分散法を,一般的な音響電子透かし法であるエコー拡散法での実現を検討した. 
(英) In the usual secret sharing scheme, one secret information is managed by distributing it amongst a group of shares of secret. However, each share of secret is meaningless binary code, so that it is felt doubtful at a glance. Therefore it is susceptible to attack. In this paper, we propose a novel steganographic secret sharing scheme, which secret sharing scheme incorporates the element of steganography, and one secret information is managed by distributing it amongst a group of stego shares of secret ,but MEANINGFUL contents. By doing so, each distributed share is less likely to be suspected of being suspected became of meaningful content and is less susceptible to attack. Even if distributed one share is stolen confidential information could not been decrypted because of secret sharing. In this paper, we examined the realization of the steganographic acoustic secret sharing scheme with the echo spreading method, which is a well-known acoustic watermarking method.
キーワード (和) 秘密分散法 / ステガノグラフィ / エコー拡散法 / / / / /  
(英) secret sharing / steganography / time-spread echo method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 495, EA2018-108, pp. 55-60, 2019年3月.
資料番号 EA2018-108 
発行日 2019-03-07 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) アイランド ナガサキ(長崎市) 
開催地(英) i+Land nagasaki (Nagasaki-shi) 
テーマ(和) 応用/電気音響,信号処理,音声,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Speech, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ステガノグラフィック音響秘密分散法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Steganographic Audio Secret Sharing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密分散法 / secret sharing  
キーワード(2)(和/英) ステガノグラフィ / steganography  
キーワード(3)(和/英) エコー拡散法 / time-spread echo method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 洲 / Shu Noguchi / ノグチ シュウ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学大学院工学研究科 (略称: 長崎大)
Department of Engineering, Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 薗田 光太郎 / Kotaro Sonoda / ソノダ コウタロウ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学大学院工学研究科 (略称: 長崎大)
Department of Engineering, Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜安 千弥 / Senya Kiyasu / キヤス センヤ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学大学院工学研究科 (略称: 長崎大)
Department of Engineering, Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 13:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-108,IEICE-SIP2018-114,IEICE-SP2018-70 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.495(EA), no.496(SIP), no.497(SP) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2019-03-07,IEICE-SIP-2019-03-07,IEICE-SP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会