電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 14:20
低価格演算ボードによる超解像実現に向けたTotal Variation 正則化分離の実装と評価
竹田大将近藤鯛貴木綱啓人佐藤裕幸杉野栄二岩手県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,大型で高解像なディスプレイの登場に伴い,ディジタルサイネージなどの大画面の電子看板が普及し始めている.
しかし,コストの観点から,低解像度の入力画像を高解像のディスプレイに合わせて最近隣補間などにより単純に拡大して表示するため,視認性が低い.
よって, 搭載プロセッサのコストを抑えつつ,
画質劣化が発生しない超解像技術を実現することが望まれる.
本研究では,超解像に広く使われているTV正則化分離を,安価でありながら理論性能24GFLOPSのGPUが搭載されている特徴を持つRaspberryPi上で, GPGPUを用いた並列処理により実現した.パフォーマンス評価を行なった結果,CPUのみで演算を行う実装に比べて約10倍の高速化に成功した.
また,汎用的なPCと比較して,RaspberryPi GPUの価格性能比は圧倒的に高く,毎秒画像を切り替えるようなディジタルサイネージの安価な構築に適していることが確認できた. 
(英) With the advent of large and high resolution displays in recent years, large screen electronic signage such as digital signage has begun to spread. However, from the viewpoint of cost, since the input image of low resolution is simply enlarged and displayed by nearest neighbor interpolation or the like according to the high resolution display, visibility is low. Therefore, while reducing the cost of the on-board processor, it is desirable to realize a super resolution technique that does not cause degradation of image quality. In this research, TV regularization separation widely used for super-resolution is realized on RaspberryPi by parallel processing using GPGPU.
RaspberryPi has the characteristic that GPU with theoretical performance 24GFLOPS is installed though it is inexpensive.
As a result of performing the performance evaluation, we succeeded in speeding up about ten times as compared with the implementation which performs computation only with CPU.
Compared with general-purpose PCs, the price performance ratio of RaspberryPi GPU is overwhelmingly high, and it was confirmed that it is suitable for inexpensive construction of digital signage which switches images every second.
キーワード (和) 超解像処理 / Total Variation 正則化 / GPGPU / / / / /  
(英) Super resolution / Total Variation Regularization / GPGPU / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 501, IE2018-123, pp. 97-102, 2019年3月.
資料番号 IE2018-123 
発行日 2019-03-07 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,メディアエクスペリエンス, 映像符号化,イメージメディアの品質,ネットワークの品質 および信頼性,一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) media of five senses, multimedia, media experience, picture codinge, image media quality, network,quality and reliability, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2019-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低価格演算ボードによる超解像実現に向けたTotal Variation 正則化分離の実装と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation and Evaluation of Total Variation Regularization Decomposition for Super Resolution using an Inexpensive Single Board Computer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超解像処理 / Super resolution  
キーワード(2)(和/英) Total Variation 正則化 / Total Variation Regularization  
キーワード(3)(和/英) GPGPU / GPGPU  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 大将 / Hiromasa Takeda / タケダ ヒロマサ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University. (略称: Iwate Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 鯛貴 / Taiki Kondo / コンドウ タイキ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University. (略称: Iwate Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木綱 啓人 / Hiroto Kizuna / キズナ ヒロト
第3著者 所属(和/英) 岩手県立大学大学院 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University. (略称: Iwate Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 裕幸 / Hiroyuki Sato / サトウ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University. (略称: Iwate Pref. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉野 栄二 / Eiji Sugino / スギノ エイジ
第5著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University. (略称: Iwate Pref. Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IMQ2018-39,IEICE-IE2018-123,IEICE-MVE2018-70 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.500(IMQ), no.501(IE), no.502(MVE) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2019-03-07,IEICE-IE-2019-03-07,IEICE-MVE-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会