電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 13:45
Duraczらの操作的意味論に基づくハイブリッドシステムの高信頼シミュレータの実装
小嶋翔太石井大輔福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ハイブリッドシステムの解析において, 状態の保守的近似に基づく高信頼な数値シミュレーションが役立つ.
しかし, 既存の高信頼シミュレータ実装が, 与えられた記述を正しく解釈し, 保守的近似 (状態の包囲集合) を正しく計算しているかどうかは明らかでない.
そこで Duracz らは, ハイブリッドシステムの記述言語について, 高信頼シミュレーションの考え方に基づいた表示的意味論と操作的意味論を提案し, 記述言語と高信頼シミュレータの関係を明らかにするアプローチを提案している.
本研究では, 操作的意味論に基づく高信頼シミュレータを OCaml 言語で実装し, 正しく動作する高信頼シミュレータの実現を目指す. 
(英) Rigorous numerical simulation based on a safe approximation of states plays an important role in analysis of hybrid systems.
However, how to build a rigorous simulator that interprets a given model correctly and computes an approximation (i.e. set of enclosures) correctly is not obvious.
Duracz et al. have proposed to bridge the gap between hybrid system models and rigorous simulators by formalizing a dedicated denotational and operational semantics.
In this work, we implement the operational semantics in OCaml and aim to provide a correct and reliable simulator.
キーワード (和) ハイブリッドシステム / 数値シミュレーション / 到達性解析 / / / / /  
(英) Hybrid Systems / Numerical Simulation / Reachability Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 499, MSS2018-84, pp. 19-22, 2019年3月.
資料番号 MSS2018-84 
発行日 2019-03-07 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP MSS  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 福井大学 文京キャンパス 
開催地(英) Bunkyo Camp., Univ. of Fukui 
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-MSS研究会,IEICE-NLP研究会の3研究会併催,一般およびWork In Progress(WIP) 
テーマ(英) SICE-DES, IEICE-MSS, IEICE-NLP, Work In Progress, and etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2019-03-NLP-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Duraczらの操作的意味論に基づくハイブリッドシステムの高信頼シミュレータの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of Rigorous Simulator for Hybrid Systems Based on Duracz et al. 's Operational Semantics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイブリッドシステム / Hybrid Systems  
キーワード(2)(和/英) 数値シミュレーション / Numerical Simulation  
キーワード(3)(和/英) 到達性解析 / Reachability Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 翔太 / Shota Kojima / コジマ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: U. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 大輔 / Daisuke Ishii / イシイ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: U. Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2018-84 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MSS-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会