電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 15:10
自動運転に向けた超低遅延動画像符号化方式の検討
森 海斗望月誠二日大)・今村幸祐過足幸司松田吉雄金沢大)・松村哲哉日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自動運転やVR(Virtual Reality)のようなアプリケーションには高精細動画像の低遅延伝送が求められている.提案する超低遅延動画像符号化方式はライン単位処理を採用し,Full-HD動画像を最小で0.44µsの遅延にて伝送可能とした.また,複数のライン単位画像予測手法,画像適応量子化および最適化エントロピー符号化といった提案手法は39%へのデータサイズ圧縮と45.4dBの画質を達成した.提案する基本アルゴリズムとそのオプションの1D-DCTモードは顕著な画質劣化無しにそれぞれ33%と20%への圧縮を達成した.この結果は1/1000の超低遅延にも関わらずH.264Intraに匹敵することを示している.さらに,提案動画像符号化方式では自動運転車両とVRデバイスは低遅延かつ画質劣化無しに非圧縮動画像の帯域幅の20%を用いてHD動画像を転送することが出来る. 
(英) Applications such as autonomous driving and virtual reality (VR) require low-latency transfer of high definition (HD) video. The proposed ultra-low-latency video coding method, which adopts line-based processing, has 0.44μs latency at minimum for Full-HD video. With multiple line-based image-prediction methods, image-adaptive quantization, and optimized entropy coding, the proposed method achieves compression to 39.0% data size and image quality of 45.4dB. The proposed basic algorithm and the optional 1D-DCT mode achieve compression to 33% and 20%, respectively, without significant visual degradation. These results are comparable to those for H.264 Intra despite one-thousandth ultra-low-latency of the proposed method. With the proposed video coding, the autonomous vehicles and VR devices can transfer HD video using 20% of the bandwidth of the source video without significant latency or visual degradation.
キーワード (和) 動画像符号化 / 低遅延 / 自動運転 / VR / / / /  
(英) video coding / low latency / autonomous driving / virtual reality(VR) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 501, IE2018-125, pp. 109-114, 2019年3月.
資料番号 IE2018-125 
発行日 2019-03-07 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,メディアエクスペリエンス, 映像符号化,イメージメディアの品質,ネットワークの品質 および信頼性,一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) media of five senses, multimedia, media experience, picture codinge, image media quality, network,quality and reliability, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2019-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転に向けた超低遅延動画像符号化方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Ultra-low-latency Video Coding Method for Autonomous Vehicles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動画像符号化 / video coding  
キーワード(2)(和/英) 低遅延 / low latency  
キーワード(3)(和/英) 自動運転 / autonomous driving  
キーワード(4)(和/英) VR / virtual reality(VR)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 海斗 / Kaito Mori / モリ カイト
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 誠二 / Seiji Mochizuki / モチヅキ セイジ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 幸祐 / Kousuke Imamura / イマムラ コウスケ
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 過足 幸司 / Koji Yogiashi / ヨギアシ コウジ
第4著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 吉雄 / Yoshio Matsuda / マツダ ヨシオ
第5著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 哲哉 / Tetsuya Matsumura / マツムラ テツヤ
第6著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IMQ2018-41,IEICE-IE2018-125,IEICE-MVE2018-72 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.500(IMQ), no.501(IE), no.502(MVE) 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2019-03-07,IEICE-IE-2019-03-07,IEICE-MVE-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会