電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-14 14:45
拡張現実のQoE評価実験
萬亀山奈々早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
抄録 (和) 拡張現実ARを用いたアプリケーションが普及しつつある.目的や用途に応じてARを用いて表示する情報は様々であり,表示の仕方も様々である.本稿では経路案内,エンタテイメント,防災情報を提示する3種類のアプリケーションに着目している.ユーザビリティを評価する主観評価実験を行い,ユーザ体感品質QoEに影響を与える要因を主成分分析により明らかにしている. 
(英) Applications using augmented reality (AR) for smart devices are spreading. The information to be displayed using the AR depends on the purpose, and how to show AR pictures also depends on the purpose. In this paper, we focus on three kinds of applications that present route guidance, entertainment, disaster prevention information. Subjective evaluation experiments are done to evaluate usability. Then, the factors influencing the user’s quality of experience (QoE) are clarified by principal component analysis.
キーワード (和) 拡張現実 / AR / ユーザビリティ / ユーザ体感品質 / QoE / / /  
(英) Augmented Reality / AR / Userbility / Quality of Experience / QoE / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 503, CQ2018-101, pp. 49-54, 2019年3月.
資料番号 CQ2018-101 
発行日 2019-03-07 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,メディアエクスペリエンス, 映像符号化,イメージメディアの品質,ネットワークの品質 および信頼性,一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) media of five senses, multimedia, media experience, picture codinge, image media quality, network,quality and reliability, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡張現実のQoE評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoE Evaluation Experiment of Augmented Reality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拡張現実 / Augmented Reality  
キーワード(2)(和/英) AR / AR  
キーワード(3)(和/英) ユーザビリティ / Userbility  
キーワード(4)(和/英) ユーザ体感品質 / Quality of Experience  
キーワード(5)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 萬亀山 奈々 / Nana Makiyama / マキヤマ ナナ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢守 恭子 / Kyoko Yamori / ヤモリ キョウコ
第2著者 所属(和/英) 朝日大学 (略称: 朝日大)
Aasahi University (略称: Asahi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-14 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-101 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.503 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会