電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-10 11:50
画像の表示目的や配色に適応した色彩補正方式と印象評価の考察
小島由梨乃中大)・望月理香渡辺昌洋NTT)・趙 晋輝中大
抄録 (和) 多種多様なユーザが閲覧する公共のディスプレイにおけるコンテンツ表示において,色弱者のみならず,多くの閲覧者が違和感を抱かない画像が求められる.また,宣伝や注意喚起など多くの表示目的をもった画像が提示されるため,表示目的に沿った効果を演出できる補正技術が必要となる.
そこで本研究では,色弱者を含めた閲覧者が好印象を抱き,かつ違和感を感じない画像補正方法を,画像の表示内容や目的に応じて最適化することを目的として,色弱者・一般色覚者の双方が補正画像に対してどのような印象を抱いているかの傾向を調査した.
また,従来の補正モデルにおいて懸念されていた不自然な色強調を防ぐ方法として,補正モデルの考え方を拡張して画像を部分的に補正するモデルを提案し,その有用性を確認した. 
(英) Color images are usually viewed by users including not only people with normal color vision but also those with color-weak vision. These images have a wide variety of contents and various indication purposes such as promotion or warning etc. Therefore,color compensation needs to provide an image with a maximal effect fitting to the indication purpose while avoiding artificial or unnatural color. However, existing compensation methods modified colors in an image always the same way even if they are belong to different parts and objects in the image.
In this paper, we propose an approach for color compensation adapted to the contents and indication purpose of the color images. We also showed a partial compensation algorithm as an extension of the color-weak compensation methods based on Brittel color blind model in LMS space. Evalutation on subjective impressions comparing between original and compensated images confirmed the effectiveness of the proposed algorigthm.
キーワード (和) 色弱補正 / カラーバリアフリー / ユニバーサルデザイン / / / / /  
(英) Color weak compensation / Color-barrier-free / Universal design / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 493, HIP2018-95, pp. 63-68, 2019年3月.
資料番号 HIP2018-95 
発行日 2019-03-02 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-03-09 - 2019-03-10 
開催地(和) 高知工科大 永国寺キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) VR心理,ヒューマン情報処理,脳機能計測,知覚・認知・行動,その他一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像の表示目的や配色に適応した色彩補正方式と印象評価の考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Compensation Adapted to Contents and Indication Purposes of Color Images and Impression Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色弱補正 / Color weak compensation  
キーワード(2)(和/英) カラーバリアフリー / Color-barrier-free  
キーワード(3)(和/英) ユニバーサルデザイン / Universal design  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 由梨乃 / Yurino Kojima / コジマ ユリノ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 理香 / Rika Mochizuki / モチヅキ リカ
第2著者 所属(和/英) NTTサービスエボリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Service Evolution Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 昌洋 / Masahiro Watanabe / ワタナベ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) NTTサービスエボリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Service Evolution Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 晋輝 / Jinhui Chao / チョウ シンキ
第4著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-10 11:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2018-95 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.493 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2019-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会