電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-10 09:55
列の選択のみで入力可能な自動文字走査入力システム
櫻岡 響森 大毅宇都宮大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 文字走査入力方式に基づく肢体不自由者向けのコミュニケーションインターフェースにおいて,
文字の入力に要する時間の短縮は大きな課題の一つである.
本研究では,より高速な自動文字走査入力方式を目指し,
列の選択のみで入力可能なシステムを提案する.
実データを基に,従来法,及び過去に提案したpairwise法と比較して高い効率で文字入力が可能であることを示す.
また,提案法の実現に必要な単語列推定の方法を示し,
シミュレーション実験から推定器の性能を評価した.
そして,提案法に基づくソフトウェアを実装した. 
(英) Fast scanning communication interface is beneficial for physically-challenged people.
This study proposal a new matrix-based scanning input method for Japanese.
The method requires no row selection, which enables faster character input
than classic input method that requires column-row selection.
This paper shows that the proposed method provides higher efficiency of character input
than the classic method and a the ``pairwise'' scanning method proposed previously.
It also describes how to estimate output words,
and a simulation-based analysis of the accuracy of the estimation.
A software implementation of the proposed input method is also described.
キーワード (和) 文字走査入力システム / AAC / 文字入力効率 / 統計的言語モデル / n-gram / / /  
(英) Scanning input system / AAC / efficiency of character input / statistical language model / n-gram / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 491, WIT2018-80, pp. 119-123, 2019年3月.
資料番号 WIT2018-80 
発行日 2019-03-01 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2019-03-08 - 2019-03-10 
開催地(和) 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 
開催地(英) Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 列の選択のみで入力可能な自動文字走査入力システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A scanning input system for Japanese text requiring no row selection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 文字走査入力システム / Scanning input system  
キーワード(2)(和/英) AAC / AAC  
キーワード(3)(和/英) 文字入力効率 / efficiency of character input  
キーワード(4)(和/英) 統計的言語モデル / statistical language model  
キーワード(5)(和/英) n-gram / n-gram  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻岡 響 / Hibiki Sakuraoka / サクラオカ ヒビキ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学大学院 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 大毅 / Hiroki Mori / モリ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学大学院 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-10 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2018-80 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.491 
ページ範囲 pp.119-123 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WIT-2019-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会