電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-09 10:50
SP-OFDMにおける複素TFIと線形補間を用いたチャネル推定の実現
井田悠太松元隆博松藤信哉山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 直交周波数分割多重(OFDM: Orthogonal frequency division multiplexing)ではチャネル推定のためパイロット信号を使用する.しかし,パイロット信号は冗長のため,削減可能なスキャッタードパイロット(SP: Scattered pilot)が提案されている.SPはパイロット信号間を補間する必要がある.線形補間は簡素に実現できるが,急激なチャネル変動では誤差が大きくなる.時間周波数補間(TFI: Time frequency interferometry)は時間領域において異なる時間窓のチャネルインパルス応答を平均化することで誤差を軽減できる.さらに,複素TFIは時間窓の数を増加させ更なる誤差軽減を実現できる.一方で,複素TFIは従来のTFIよりも冗長が大きくなる.これらの問題を解決するために,本論文はSP-OFDMにおける複素TFIと線形補間を用いたチャネル推定を提案する.コンピュータシミュレーション結果から,提案法はビットエラー率(BER: Bit error rate)特性とスループット特性の向上を示した. 
(英) In an orthogonal frequency division multiplexing (OFDM), the pilot signal is utilized for the channel estimation (CE).However, since it is a redundancy signal, scattered pilot (SP) has been proposed to reduce the number of pilot signals. SP needs to the interpolation between the pilot signals. Linear interpolation is achieved simply, but large error is occurred in the sharp changing of the channel. Time frequency interferometry (TFI) reduces the error by averaging the channel impulse response of the different time window. Moreover, complex TFI (C-TFI) increases the number of time windows and the error is more reduced. On the other hand, its redundancy is to be large compared with the conventional TFI. To solve these problems, in this paper, we propose the CE based on the C-TFI and the linear interpolation for a SP-OFDM. From the computer simulation result, the proposed method shows the improvement of the bit error rate (BER) and throughput performances.
キーワード (和) SP-OFDM / 複素TFI法 / 線形補間 / チャネル推定 / / / /  
(英) SP-OFDM / Complex TFI / Linear interpolation / Channel estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 489, CS2018-117, pp. 59-64, 2019年3月.
資料番号 CS2018-117 
発行日 2019-03-01 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2019-03-08 - 2019-03-09 
開催地(和) 湘南工科大学 
開催地(英) Shonan Institute of Technology 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-03-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SP-OFDMにおける複素TFIと線形補間を用いたチャネル推定の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Achievement of Channel Estimation Based on Complex TFI and Linear Interpolation for SP-OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SP-OFDM / SP-OFDM  
キーワード(2)(和/英) 複素TFI法 / Complex TFI  
キーワード(3)(和/英) 線形補間 / Linear interpolation  
キーワード(4)(和/英) チャネル推定 / Channel estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 悠太 / Yuta Ida / イダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 隆博 / Takahiro Matsumoto / マツモト タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 信哉 / Shinya Matsufuji / マツフジ シンヤ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-09 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2018-149,IEICE-CS2018-117 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.488(CAS), no.489(CS) 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2019-03-01,IEICE-CS-2019-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会