お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-09 16:40
実写立体視環境における聴覚刺激を用いたVR酔いの低減
西川俊平吉田 響濱本和彦程島奈緒東海大HIP2018-86
抄録 (和) 近年,バーチャルリアリティ(VR)はいろいろな分野において普及している.その中でも大きな問題としてVR酔いというものがある.先行研究では環境音がほかの音と比べてVR酔いの低減ができる可能性があったため環境音とテンポの速い曲,遅い曲を用い,実写立体視映像,階段の上り,下り,サバイバルゲームのコンテンツを見せる実験を行った.結果として無音と環境音,アップテンポの曲,スローテンポの曲の酔いの総合評価値であるTS値(Total Score)を比較したところ有意差は出なかった.しかし細かな酔いの分類N(気持ち悪さ),O(眼精疲労),D(めまい)の分析ではN(気持ち悪さ)において有意傾向が見られた.結論としてコンテンツと音のリズムに合わせた聴覚刺激を用いたVR酔いの低減は認められなかったが一般的な気持ち悪さの低減は認められた. 
(英) Recently Virtual Reality (VR) has become popular in various fields. Virtual sickness is one of the problems in VR research. Previous study showed that environmental sounds may reduce virtual sickness compared to other types of sounds. Therefore, we carried out an experiment using real stereo vison contents w/o music (environmental sounds, up-tempo music and slow-tempo music). In result, there was no significant difference between silence and other auditory conditions. When classifying the total score as nausea, eyestrain and dizziness, we found a certain trend toward significance in nausea. In conclusion, virtual sickness is not reduced, but nausea is likely to reduce by the environmental sounds.
キーワード (和) VR酔い / 聴覚刺激 / 実写立体視映像 / / / / /  
(英) Virtual sickness / Audio stimulation / Real stereo vision / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 493, HIP2018-86, pp. 21-24, 2019年3月.
資料番号 HIP2018-86 
発行日 2019-03-02 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2018-86

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-03-09 - 2019-03-10 
開催地(和) 高知工科大 永国寺キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) VR心理,ヒューマン情報処理,脳機能計測,知覚・認知・行動,その他一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実写立体視環境における聴覚刺激を用いたVR酔いの低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Reduction of Virtual Sickness Using Audio Stimulation in Real Stereovision Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR酔い / Virtual sickness  
キーワード(2)(和/英) 聴覚刺激 / Audio stimulation  
キーワード(3)(和/英) 実写立体視映像 / Real stereo vision  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 俊平 / Shumpei Nshikawa / ニシカワ シュンペイ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 響 / Kyo Yoshida / ヨシダ キョウ
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱本 和彦 / Kazuhiko Hamamoto / ハマモト カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 程島 奈緒 / Nao Hodosima / ホドシマ ナオ
第4著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-09 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2018-86 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.493 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2019-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会