電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-09 13:35
非持続型CSMAにおける成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズム
梅原大祐京都工繊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) バッテリー駆動の無線センサによる広域大規模データ収集において,無線通信デバイスのエネルギー効率を高めるためには持続型キャリアセンスマルチプルアクセス(Persistent Carrier-Sense Multiple Access, CSMA)は好ましくない.優先成功非持続型CSMA (Non-persistent CSMA)では,キャリアセンス状態とフレーム送信状態以外はスリープ可能であり,成功優先メカニズムによりフレーム衝突率を低減するために,スループットとエネルギー効率を改善できる.しかしながら,固定コンテンションウィンドウや最適制御コンテンションウィンドウでは,トラヒック変動に十分に適応できない.本稿では,自律分散的に急速なトラヒック変動に追随できるように,スリープ機能付き非持続型CSMAに完全分散型の成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズムを適用する.飽和トラヒックに対して成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズムにおけるネットワークスループットとノード当たりの消費電流を定式化する. 
(英) Persistent carrier-sense multiple access (CSMA) is undesirable for wide-area large-scale data gathering with battery-powered wireless sensors in order to enhance the energy efficiency of the wireless communication devices. Success prioritized non-persistent CSMA can achieve higher throughput and energy efficiency because the wireless receiver can be in sleep mode except for carrier-sensing and frame transmission states and the success prioritized mechanism can reduce the frame collision probability. However, it is hard for fixed contention window (CW) and optimally controlled CW to adapt the varying traffic rapidly. In this manuscript, we apply a full distributed success prioritized busy doubled backoff algorithm to non-persistent CSMA with sleep function in order to follow heavy traffic variation in an autonomous and distributed manner. We also formulate the network throughput and per-node consumed current for the success prioritized busy doubled backoff algorithm.
キーワード (和) 非持続型CSMA / スリープ機能 / 成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズム / 成功送信確率 / コンテンションウィンドウ / スループット / 消費電流 /  
(英) non-persistent CSMA / sleep function / success prioritized busy doubled backoff algorithm / success transmit probability / contention window / throughput / consumed current /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 489, CS2018-120, pp. 75-79, 2019年3月.
資料番号 CS2018-120 
発行日 2019-03-01 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2019-03-08 - 2019-03-09 
開催地(和) 湘南工科大学 
開催地(英) Shonan Institute of Technology 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-03-CAS-CS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 非持続型CSMAにおける成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Success Prioritized Busy Doubled Backoff Algorithm for Non-persistent CSMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非持続型CSMA / non-persistent CSMA  
キーワード(2)(和/英) スリープ機能 / sleep function  
キーワード(3)(和/英) 成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズム / success prioritized busy doubled backoff algorithm  
キーワード(4)(和/英) 成功送信確率 / success transmit probability  
キーワード(5)(和/英) コンテンションウィンドウ / contention window  
キーワード(6)(和/英) スループット / throughput  
キーワード(7)(和/英) 消費電流 / consumed current  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-09 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2018-152,IEICE-CS2018-120 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.488(CAS), no.489(CS) 
ページ範囲 pp.75-79 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2019-03-01,IEICE-CS-2019-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会