お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 15:15
DNS over TLSの実態調査:性能評価と大規模計測
牧 昌宏森 達哉早大ICSS2018-89
抄録 (和) 本研究は,代表的な暗号化DNS通信方式であるDNS over TLS (DoT) の実態調査を行った結果を報告する.調査は (1) DoTクライアント・サーバを用いたローカルおよびグローバル環境における遅延測定,(2) 現状のインターネットにおける DoT 普及状況の大規模計測,(3) 2019年2月現在におけるエンドユーザ向けDoTの実装調査の3部構成となっている.
本調査の結果が DoT の現状理解と今後の普及に向けた一助となることを期待する. 
(英) In this paper, we report an empirical study on the promising DNS encryption technology --- DNS over TLS (DoT). The study is divided into the following three substudies: (1) a measurement study of the latency between DoT client and server in a local and global environment, (2) a large-scale measurement study on the adoption of DoT in the wild, and (3) a study on the state-of-the-art DoT implementation for end users.
We hope that our study sheds a new light on the broad understanding of DoT and its widespread adoption.
キーワード (和) DNS / TLS / DNS over TLS / 計測 / プロトコル / / /  
(英) DNS / TLS / DNS over TLS / measurement / protocol / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 486, ICSS2018-89, pp. 179-184, 2019年3月.
資料番号 ICSS2018-89 
発行日 2019-02-28 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2018-89

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) NICT沖縄電磁波技術センター 
開催地(英) NICT Okinawa Electromagnetic Technology Center 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2019-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DNS over TLSの実態調査:性能評価と大規模計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Understanding DNS over TLS: Performance Evaluation and Large-scale Measurement Study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DNS / DNS  
キーワード(2)(和/英) TLS / TLS  
キーワード(3)(和/英) DNS over TLS / DNS over TLS  
キーワード(4)(和/英) 計測 / measurement  
キーワード(5)(和/英) プロトコル / protocol  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧 昌宏 / Masahiro Maki / マキ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 達哉 / Tatsuya Mori / モリ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2018-89 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.486 
ページ範囲 pp.179-184 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会