お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 09:00
kQ積による最大伝送効率と整合回路の素子損失を考慮した結合器設計指標
北岡 晃柳沼大貴馬場涼一大平 孝豊橋技科大WPT2018-81
抄録 (和) 無線電力伝送システムにおいて,伝送効率向上のため,結合器の高効率化が研究されている.しかし,これらは結合器単体の効率のみを最適にするものが多い.多くの場合,結合器には整合回路が必要となり,整合回路の素子損失は結合器のインピーダンスに左右される.つまり,伝送効率の向上には,結合器単体の伝送効率と整合回路の効率を同時に考えた結合器の最適形状が求められる.本報告は,結合器の高効率設計における,汎用的な指標を示す.結合器単体について,どのような結合方式にも適用できるkQ積の理論最大伝送効率を利用する.また,整合回路について,整合回路の構成がどのような場合でも適用できる理論上界電力効率を利用する.この2つから求まる理論伝送効率を指標とし,その効果をシミュレーションで確認する. 
(英) In the wireless power transmission system, efficiency improvement of the coupler is being studied for improving entire transmission efficiency. However, many of the studies optimize only the efficiency of the coupler alone. In many cases, a matching circuit is required for the coupler. The element power loss of the matching circuit depends on the impedance of the coupler. To improve the transmission efficiency, the shape of the coupler should be best designed by simultaneously taking into account the transmission efficiency of the coupler itself and that of the matching circuit. This report shows a general-purpose criterion for high efficiency coupler design. We use the theoretical maximum transmission efficiency stemming from the kQ product that works for any coupling scheme. Also, for the matching circuit, we employ the theoretical upper bound of power efficiency that works for configuration of the matching circuit. The theoretical transmission efficiency calculated from these two is used as a criterion, and its efficacy is confirmed by simulation.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 結合器 / 整合回路 / 最大効率 / 設計指標 / kQ積 / /  
(英) wireless power transfer / coupler / matching circuit / maximum power efficiency / design criterion / kQ / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 484, WPT2018-81, pp. 89-93, 2019年3月.
資料番号 WPT2018-81 
発行日 2019-02-28 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2018-81

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 京都大学宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. Uji Campus 
テーマ(和) 無線電力伝送技術・SPS技術・一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, SPS Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2019-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) kQ積による最大伝送効率と整合回路の素子損失を考慮した結合器設計指標 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coupler Design Criterion Considering Maximum Transmission Efficiency by kQ Product and Element Power Loss of Matching Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / wireless power transfer  
キーワード(2)(和/英) 結合器 / coupler  
キーワード(3)(和/英) 整合回路 / matching circuit  
キーワード(4)(和/英) 最大効率 / maximum power efficiency  
キーワード(5)(和/英) 設計指標 / design criterion  
キーワード(6)(和/英) kQ積 / kQ  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北岡 晃 / Hikaru Kitaoka / キタオカ ヒカル
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳沼 大貴 / Daiki Yaginuma / ヤギヌマ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 涼一 / Ryoichi Baba / ババ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2018-81 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.89-93 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WPT-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会