お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 16:45
[招待講演]現代暗号研究の事始め ~ 1つのケーススタディ ~
太田和夫電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) フェロー受賞記念講演として、1983年3月に暗号研究をスタートしてから36年間の研究・教育経験を振り返って、皆さんに興味をもって頂けそうな話題をいくつか紹介します。具体的には
1. 提案方式(FEAL暗号)を攻撃されて、
2. 普及方式(MD5 APOP 認証方式)を攻撃して、
3. 世界のトップレベルの研究体制を目指してなど
をテーマとして取り上げます。 
(英) As a fellow receiving a prize commemorative lecture, I look back on 36-year research and education experiences on modern cryptography after starting a study in March of 1983. I will pick up topics that seem to be able to be interested by everybody, specifically
1. A proposed method (FEAL cipher) by our group be attacked,
2. Attacking on the wide spread method (MD5 APOP certification method), and
3. In order to keep study activities at the world top-level etc.
I hope you will enjoy them!
キーワード (和) ブロック暗号 / 鍵探索 / 差分解読法 / 線形解読法 / ハッシュ関数 / 衝突攻撃 / 暗号プロトコル /  
(英) Block Cipher / Key Search / Differential Cryptanalysis / Linear Cryptanalysis / Hash Function / Collision Search / Cryptographic Protocol /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 478, ISEC2018-121, pp. 249-249, 2019年3月.
資料番号 ISEC2018-121 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 現代暗号研究の事始め 
サブタイトル(和) 1つのケーススタディ 
タイトル(英) Exceptional Experiences of my Research Activities on Modern Cryptography 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) ブロック暗号 / Block Cipher  
キーワード(2)(和/英) 鍵探索 / Key Search  
キーワード(3)(和/英) 差分解読法 / Differential Cryptanalysis  
キーワード(4)(和/英) 線形解読法 / Linear Cryptanalysis  
キーワード(5)(和/英) ハッシュ関数 / Hash Function  
キーワード(6)(和/英) 衝突攻撃 / Collision Search  
キーワード(7)(和/英) 暗号プロトコル / Cryptographic Protocol  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 和夫 / Kazuo Ohta / オオタ カズオ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学大学院 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 16:45:00 
発表時間 50 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2018-115,IEICE-ISEC2018-121,IEICE-WBS2018-116 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 p.249 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会