電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 09:50
[依頼講演]強化学習による自律分散型のマルチ無線インターフェース帰属制御法
金子めぐみディン ティ ハー リーNII)・若尾佳佑アベセカラ ヒランタ鷹取泰司NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) This work investigates the issue of distributed user-to-multiple Acess Points (AP) association, where a user requiring several applications may be served by several APs simultaneously. The problem is formulated as a network sum-rate maximization subject to the required QoS constraints for each user and application, and AP load constraints. We propose a distributed user-to-multiple AP association method, where each user can take an optimized decision locally, leveraging reinforcement learning. Simulation results show that, compared to baseline schemes, the proposed method enables large throughput enhancements while satisfying the stringent and diverse user Quality of Service (QoS) requirements as well as AP load limitations, thereby reducing user outage probabilities.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Wireless Networks / WLAN / Reinforcement Learning / Q-Learning / user-to-AP association / sum-rate maximization / QoS constraints /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-322, pp. 205-205, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-322 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 強化学習による自律分散型のマルチ無線インターフェース帰属制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Reinforcement Learning Framework for User-to-Access Points Association in Future Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Wireless Networks  
キーワード(2)(和/英) / WLAN  
キーワード(3)(和/英) / Reinforcement Learning  
キーワード(4)(和/英) / Q-Learning  
キーワード(5)(和/英) / user-to-AP association  
キーワード(6)(和/英) / sum-rate maximization  
キーワード(7)(和/英) / QoS constraints  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 めぐみ / Megumi Kaneko / カネコ メグミ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ディン ティ ハー リー / Thi Ha Ly Dinh / ディン ティ ハー リー
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若尾 佳佑 / Keisuke Wakao / ワカオ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) NTT Corporation (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) アベセカラ ヒランタ / Hirantha Abeysekera / アベセカラ ヒランタ
第4著者 所属(和/英) NTT Corporation (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 泰司 / Yasushi Takatori / タカトリ ヤスシ
第5著者 所属(和/英) NTT Corporation (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-322 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 p.205 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会