電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 16:55
5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOシステムを用いたフィールド屋内環境SU-MIMO伝送実験
野中信秀村岡一志須山 聡増野 淳NTTドコモ)・中川兼治蒲原健一郎酒井 学村田吉隆井浦裕貴三菱電機)・奥村幸彦NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 超高速・大容量通信を実現する第 5 世代(5G)無線アクセスネットワークでは,広い帯域幅が確保可能な高 SHF 帯などでの Massive MIMO 技術の導入が検討されている.筆者らはこれまで, 28 GHz 帯 500 MHz 帯域幅 Massive MIMO システムを用いて,屋外フィールド環境にて, 16 ストリーム空間多重のシングルユーザ MIMO伝送実験などを行ってきており,約 27.5Gbps のスループットを達成した.しかし,当該実験は屋外 LOS 環境で実施したものであり,周囲に反射物が少ないためにマルチパスが少ない環境での実験であった.そこで,本報告では,マルチパスの多い屋内環境において同装置を用いた 16 ストリーム空間多重のシングルユーザ MIMO伝送実験を行ったので,実験結果を報告する.実験結果より,LOS 環境で約 25.4 Gbps を達成し,NLOS 環境においても周囲に強反射物がある場合は 10 Gbps を超えるスループットを実現できることを示す. 
(英) The fifth-generation (5G) mobile communication system will introduce Massive MIMO technology at higher frequency bands with wider bandwidth for realizing super high bit rate. In previous our outdoor trial, 27.5 Gbps downlink throughput was achieved by SU-MIMO transmission with spatial multiplexing of 16 streams using hybrid beamforming at high SHF band. However, the previous trial was conducted only in the LOS environments with poor multipath conditions. This report shows results of a multipath-rich indoor experimental trial on SU-MIMO transmission with spatial multiplexing of 16 streams. The trial results show that 25.4 Gbps throughput was achieved in LOS environment, and more than 10 Gbps throughput was realized in the NLOS environment with strong reflectors in the surroundings.
キーワード (和) 5G / Massive MIMO / ハイブリッドビームフォーミング / 屋内実験 / / / /  
(英) 5G / Massive MIMO / Hybrid Beamforming / field experimental trial / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-333, pp. 267-271, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-333 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOシステムを用いたフィールド屋内環境SU-MIMO伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Indoor Experimental Trial on SU-MIMO Transmission for High SHF Wide-band Massive MIMO in 5G 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(3)(和/英) ハイブリッドビームフォーミング / Hybrid Beamforming  
キーワード(4)(和/英) 屋内実験 / field experimental trial  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野中 信秀 / nobuhide nonaka / ノナカ ノブヒデ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 一志 / kazushi muraoka / ムラオカ カズシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / satoshi suyama / スヤマ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / jun mashino / マシノ ジュン
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 兼治 / kenji nakagawa / ナカガワ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 蒲原 健一郎 / kenichiro kamohara / カモハラ ケンイチロウ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 学 / manabu sakai / サカイ マナブ
第7著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 吉隆 / yoshitaka murata / ムラタ ヨシタカ
第8著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 井浦 裕貴 / hiroki iura / イウラ ヒロキ
第9著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / yukihiko okumura / オクムラ ユキヒコ
第10著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: DOCOMO)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-333 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.267-271 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会