電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 11:15
混合型の攻撃に対する電子指紋符号の同時容量の下界
關根達矢古賀弘樹筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電子指紋符号はディジタルコンテンツの不正利用の抑止を目的とした技術である.コンテンツ内にユーザ と対応する符号語をあらかじめ埋め込んでおくことにより,不正利用があっても,符号語から不正を行ったユーザの 特定が可能になる.一方で,特定を免れるために複数人のユーザが結託して,符号語を改ざんした海賊版のコンテン ツを生成する場合がある.電子指紋符号は,符号語の改ざんがあった場合においても不正に関わったユーザの一部ま たは全体を高い確率で特定できることが求められる.本稿では不正者の人数が2人でありその両方を特定する場合に ついて考える.不正者の取りうる攻撃方法が2種類存在し,確率的に攻撃が選ばれる場合について,両者を混合した 攻撃モデルを考え,不正者を特定するアルゴリズムと電子指紋符号の同時容量の下界を示す. 
(英) Digital fingerprinting codes are embedded in digital contents for protecting copyrights of the digital contents against malicious users who generate a pirated copy. Usually, digital fingerprinting codes should be designed so that a part (or all) of the malicious users can be specified with high probability. In this paper, we consider the situation where two malicious users choose two distinct attack models and use their mixture for generation of a pirated copy. We succeed in obtaining a lower bound of the joint capacity for this case by giving an identification algorithm of the two malicious users based on a certain score function. Key words digital fingerprintingcodes, collusion attack, joint capacity.
キーワード (和) 電子指紋符号 / 結託攻撃 / 同時容量 / / / / /  
(英) digital fingerprintingcodes / collusion attack / joint capacity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 477, IT2018-119, pp. 269-274, 2019年3月.
資料番号 IT2018-119 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混合型の攻撃に対する電子指紋符号の同時容量の下界 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Lower Bound of the Joint Capacity of Digital Fingerprinting Codes against a Mixed Attack 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子指紋符号 / digital fingerprintingcodes  
キーワード(2)(和/英) 結託攻撃 / collusion attack  
キーワード(3)(和/英) 同時容量 / joint capacity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 關根 達矢 / Tatsuya Sekine / セキネ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: U. Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 弘樹 / Hiroki Koga / コガ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: U. Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-119,IEICE-ISEC2018-125,IEICE-WBS2018-120 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 pp.269-274 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会