お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 09:40
整流動作を用いた6.78MHz 250 W半導体切替整合回路
宜保遼大阿部晋士西岡正悟北林 智坂井尚貴大平 孝豊橋技科大WPT2018-83
抄録 (和) WPTの実運用において,電力反射の低減のために,大電力に対応できる切替整合回路が求められる.現在,大電力の切替整合回路には機械式リレーを使用している.しかし,機械式リレーは寿命が短いといった問題がある.そのため,半導体で構成された長寿命な大電力高周波スイッチが望まれる.そこで,大電力に対応できる半導体高周波スイッチとして我々は整流回路スイッチを提案している.今回は,整流回路スイッチを利用した半導体切替整合回路を試作し,特性を評価したため,これを報告する.整流回路スイッチの試作に際し.構成素子に要求される定格がトポロジに依存することが予想されたため,トポロジごとの必要定格を比較した.その結果,フルブリッジ型トポロジを使用した時に必要定格が小さくなることを明らかにした.そこで,フルブリッジ型整流回路スイッチを使用した半導体切替整合回路を試作した.このとき,整流回路スイッチに大きな電圧電流がかからないことが求められる.そこで,並列に接続されたコンデンサを切り替える並列型切替整合トポロジを採用し,試作を行った.最後に,半導体切替整合回路でどの程度反射係数が低減できたか測定し,評価した. 
(英) Some WPT Systems demand a switchable-matching circuit that copes with high power.Conventional switchable-matching circuits often employ mechanical relays for this purpose.However, the mechanical relay has a problem of short lifetime.To overcome this problem, we proposed a rectifier-oriented solid-state relay.We prototyped a switchable-matching circuit exploiting the rectifier-oriented solid-state relay.It is predicted that the stress on the semiconductor device depends on the circuit topology.Therefore we compare the stress for three topologies.As a result, we find that a full bridge rectifying circuit has the minimum stress among them.Therefore we prototype a switchable matching circuit with a full bridge type rectifying circuit switch.We next need to prevent large stress on the rectifier-oriented solid-state relay.Therefore we adopt a topology that sequentially apends capaciters to be connected in parallel.Finally we measure how much reflection coefficient decreases by the solid state switchable matching circuit.
キーワード (和) 高周波 / 大電力 / 整合回路 / スイッチ / 整流 / MHz / ソリッドステートリレー /  
(英) High Frequency / High Power / Matching Circuit / Switch / Rectifier / MHz / Solid-State Relay /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 484, WPT2018-83, pp. 99-103, 2019年3月.
資料番号 WPT2018-83 
発行日 2019-02-28 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2018-83

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 京都大学宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. Uji Campus 
テーマ(和) 無線電力伝送技術・SPS技術・一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, SPS Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2019-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 整流動作を用いた6.78MHz 250 W半導体切替整合回路 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rectifier-Oriented 6.78MHz 250 W Solid-State Switch-Matching Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高周波 / High Frequency  
キーワード(2)(和/英) 大電力 / High Power  
キーワード(3)(和/英) 整合回路 / Matching Circuit  
キーワード(4)(和/英) スイッチ / Switch  
キーワード(5)(和/英) 整流 / Rectifier  
キーワード(6)(和/英) MHz / MHz  
キーワード(7)(和/英) ソリッドステートリレー / Solid-State Relay  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宜保 遼大 / Ryota Gibo / ギボ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 晋士 / Shinji Abe / アベ シンジ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 正悟 / Shogo Nishioka / ニシオカ ショウゴ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北林 智 / Satoshi Kitabayashi / キタバヤシ サトシ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 尚貴 / Naoki Sakai / サカイ ナオキ
第5著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第6著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2018-83 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.99-103 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WPT-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会