電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 10:15
[依頼講演]3GPPにおけるアンライセンス周波数を用いる5Gセルラ通信技術の検討
原田浩樹村山大輔永田 聡NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動通信ネットワークにおいて急増するトラフィックを収容する必要がある一方,移動通信に適した周波数帯の割り当ては既に逼迫しているため,セルラ通信にこれまで利用していなかった高周波数帯を活用することが近年積極的に検討されている.特に特定の条件を満たせば無線局免許が不要となるアンライセンス周波数帯は,トラフィックオフロードのための補完的なツールとして注目され,3GPP(3rd Generation Partnership Project)においてライセンス周波数とアンライセンス周波数を束ねてLTEとして用い通信を高速化するLAA(Licensed-Assisted Access)がLTE-Advanced Proの一機能として仕様策定された.更に3GPPにおいては,5G NR(New Radio)の最初の仕様となるRelease 15仕様の策定が完了し,次期仕様であるRelease 16の一機能として,5G NRをアンライセンス周波数で利用するための仕様策定作業が2020年3月まで行われる予定である.本稿では,アンライセンス周波数を用いる5G NR技術NR-Uについて,Study itemで議論された課題や主要技術を中心に概説する. 
(英) In the future radio access network, since newly available spectrum in the lower frequency bands, which have traditionally been used for mobile communication, has become very scarce, it would be necessary to utilize higher frequency resources in order to cope with increasing mobile traffic demand. Especially, unlicensed spectrum such as 5 GHz band attracts a lot of attention as a complementary tool for traffic off-loading from licensed spectrum. Therefore, 3GPP specified LAA (Licensed Assisted Access) technologies, where frequency resources in licensed band and in unlicensed band are aggregated and used as LTE to improve throughput, as a part of LTE-Advanced Pro. Additionally, Release 15 specification including 1st 5G NR (New Radio) specification was finalized in 3GPP, and as a part of next Release 16, a use of unlicensed spectrum based on 5G NR will be specified by March 2020. In this paper, we introduce technologies for the use of unlicensed spectrum based on 5G NR, which is often referred to as NR-U, including issues and potential solutions mainly discussed in NR-U study item.
キーワード (和) 5G NR / Release 16 NR-U / Licensed Assisted Access / / / / /  
(英) 5G NR / Release 16 NR-U / Licensed Assisted Access / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 476, SRW2018-70, pp. 61-65, 2019年3月.
資料番号 SRW2018-70 
発行日 2019-02-27 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3GPPにおけるアンライセンス周波数を用いる5Gセルラ通信技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3GPP study on 5G NR based access to unlicensed spectrum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G NR / 5G NR  
キーワード(2)(和/英) Release 16 NR-U / Release 16 NR-U  
キーワード(3)(和/英) Licensed Assisted Access / Licensed Assisted Access  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 浩樹 / Hiroki Harada / ハラダ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 大輔 / Daisuke Murayama / ムラヤマ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 聡 / Satoshi Nagata / ナガタ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2018-70 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.476 
ページ範囲 pp.61-65 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SRW-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会