電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 14:20
ノンスベースのハイブリッド暗号
三島貴務西出隆志筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 安全な公開鍵暗号方式には乱数を用いた確率的な動作が要求される.そのため,乱数生成器の脆弱性は暗号方式の脆弱性につながる.ところが安全な乱数生成器の実現は難しく,暗号化ライブラリの実装や疑似乱数生成器の設計に起因する脆弱性は避けがたい.これらの問題を克服するための暗号方式として,乱数の代わりに使い捨ての値を用いるノンスベース暗号が提案されている.
本稿ではノンスベース暗号のKEM/DEMフレームワークを用いたハイブリッド化に関する考察を述べる.始めにノンスベースKEMの定義と安全性のゴールを示し,この安全性を満たすノンスベースKEMと通常のDEMを組み合わせることにより,強い安全性であるNBP-CCA安全性を達成できることを証明する.最後に,提示した安全性を満たすノンスベースKEMの構築例を示す. 
(英) Nonce-based cryptography can eliminate the vulnerability caused by bad randomness.
Nonce-based symmetric-key cryptography was introduced by Rogaway. Subsequently, nonce-based public-key cryptography was introduced by Bellare, et al. We define a nonce-based KEM and its security goals. Using nonce-based KEM, we construct nonce-based hybrid encryption schemes that achieve the modi fied versions of security goals defi ned by Bellare.
キーワード (和) ノンスベース暗号 / ハイブリッド暗号 / KEM/DEM / / / / /  
(英) Nonce-Based Encryption / Hybrid Encryption / KEM/DEM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 478, ISEC2018-116, pp. 215-222, 2019年3月.
資料番号 ISEC2018-116 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノンスベースのハイブリッド暗号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nonce-Based Hybrid Encryption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ノンスベース暗号 / Nonce-Based Encryption  
キーワード(2)(和/英) ハイブリッド暗号 / Hybrid Encryption  
キーワード(3)(和/英) KEM/DEM / KEM/DEM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三島 貴務 / Atsumu Mishima / ミシマ アツム
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西出 隆志 / Takashi Nishide / ニシデ タカシ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2018-110,IEICE-ISEC2018-116,IEICE-WBS2018-111 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 pp.215-222 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会