電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 14:30
誘導型文字提示方式によるかな文字認知の評価 ~ 点字の読めない盲ろう者への効果的な文字提示と情報支援を目指して ~
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也清水俊宏NHK)・大西淳児筑波技大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 視覚障がい者に図やグラフを伝えるために,通常の触覚ディスプレイの凹凸提示と指を機械的に誘導する力覚誘導を複合した触覚/力覚誘導提示方式を提案している.この方式では,指を誘導することで視覚障がい者への漢字教育や,点字の読めない盲ろう者にかな文字でテキスト情報を伝えたりコミュニケーションを支援することが可能と考えている.本稿では,点字の読めない盲ろう者が用いている掌書き提示と力覚誘導を用いた誘導提示についてかな文字の認知のしやすさを比較した.実験では、人が文字を提示する条件において、異なる4種の提示法に対する文字認知の正答率を求め、触覚/力覚誘導提示装置を用いた条件で、誘導型文字提示における誘導速度と正答率との関係、および掌書きと誘導型提示の正答率の関係を求めた.その結果,文字認知の正答率は,従来の皮膚感覚による掌書き提示よりも自己受容感覚による誘導提示が有意に高いこと,誘導提示の中では面に接触して誘導する接触誘導提示が非接触の場合よりも高い傾向になることが明らかになるとともに,接触誘導提示では人による提示と装置を用いた提示で同等な値が得られた.また,誘導提示の場合の誘導速度は,速度200mm/s程度までは正答率の低下が少ないことで適切な提示条件の指針が得られた.これらより,本提示装置を用いた接触誘導提示は盲ろう者の文字伝達に効果があると結論付けられた. 
(英) We propose a new presentation system (Prop-Tactile display) which compound in local vibration method on a tactile display and powered mechanical leading method to convey two-dimensional information easier for visually impaired people. By using the mechanical leading, we consider that would be able to support to educate a kanji for visually impaired, and to convey text information or conversation by a kana letter for deaf-blind person who are not readable of Braille. Here, the easy recognition of the kana letter was evaluated by the experiments to compare with the mechanical leading presentation and writing on a palm presentation. In Experiment, a correct answer ratio of the letter recognition for four different presentation methods was evaluated under the condition that an experimenter showed a letter. Also, the relation with a correct answer ratio for the leading velocity on the mechanical leading presentation, and a correct answer ratio of the letter recognition for the presentation method that was chose based on a result of the previous experiments, was searched by using Prop-Tactile display. As a result, it was found that the correct answer ratio of the letter recognition (a) was significantly higher the mechanical leading presentation than the writing on a palm presentation, (b) became the tendency higher the case of contact on the surface than the non-contact in the mechanical leading presentation, and (c) was an equal value between leading presentation by the person and the mechanical leading presentation with contact surface. Also, it was found that the correct answer ratio of the mechanical leading presentation with contact surface had few drops to around 200mm/s in velocity. These results suggest that the mechanical leading presentation method with contact surface using prop-tactile display is effective the conveyance of the letter information for deaf-blind people.
キーワード (和) 視覚障がい者 / 盲ろう者 / 触覚/力覚誘導提示 / 誘導型文字提示 / 掌書き提示 / 自己受容感覚 / /  
(英) Visually impaired / Deaf-blind / Prop-Tactile display / Mechanical leading presentation / Palm writing presentation. / Proprioceptive sensibility / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 491, WIT2018-67, pp. 39-44, 2019年3月.
資料番号 WIT2018-67 
発行日 2019-03-01 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2019-03-08 - 2019-03-10 
開催地(和) 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 
開催地(英) Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誘導型文字提示方式によるかな文字認知の評価 
サブタイトル(和) 点字の読めない盲ろう者への効果的な文字提示と情報支援を目指して 
タイトル(英) Evaluation of the kana letter recognition by the leading a finger presentation method. 
サブタイトル(英) Toward the effective letter presentation and information support for a deaf-blind people who is not readable of Braille. 
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / Visually impaired  
キーワード(2)(和/英) 盲ろう者 / Deaf-blind  
キーワード(3)(和/英) 触覚/力覚誘導提示 / Prop-Tactile display  
キーワード(4)(和/英) 誘導型文字提示 / Mechanical leading presentation  
キーワード(5)(和/英) 掌書き提示 / Palm writing presentation.  
キーワード(6)(和/英) 自己受容感覚 / Proprioceptive sensibility  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 忠裕 / Tadahiro Sakai / サカイ タダヒロ
第1著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NHK Engineering System)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂尻 正次 / Masatsugu Sakajiri / サカジリ マサツグ
第2著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 拓也 / Takuya Handa / ハンダ タクヤ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 俊宏 / Toshihiro Shimizu / シミズ トシヒロ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 淳児 / Junji Onishi / オオニシ ジュンジ
第5著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2018-67 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.491 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2019-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会