電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 15:00
[特別招待講演]車載Ethernetの最新トレンド
帆加利知史北島伸克ルネサス エレクトロニクス
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自動運転、コネクテッドカーを実現するためにこれまでにない大容量車両内データを処理する手段として、車載システムへのEthernet導入が世界的に進んでいます。Ethernet技術は40年以上の歴史とその間の技術的な拡張により、高いシステム拡張性や技術信頼性を有しているうえ、人的/物的リソースを供給するエコシステム構築により導入に関して大きなコストメリットがある、といった利点が存在します。一方で、これらIT/コンシューマ向け等の既存領域で適用する場合と比べ、車載システムにおけるEthernetの使われ方、技術要件には違いがあります。
本講演では、Ethernetの特徴、車載システムへの導入要件という観点から車内ネットワークへの技術導入が進む背景を説明します。次に、車載要件を満たすために採用が進んでいるEthernet AVB/TSNという転送制御技術について概要を示した上で主要機能を解説します。最後に最近の標準化動向を概説し、今後の車載Ethernetの方向性について紹介します。 
(英) To support Autonomous driving and Connected car applications, Automotive Ethernet has been adopted widely around the world to handle large amount of data in vehicle network. Ethernet technology was invented over 40 years ago and has been continuously evolving new capabilities to meet market requirements. Consequently, Ethernet has high system scalability, high technological reliability and cost advantages through building the industry eco-system that provides human and physical resources. However, automotive application has large differences in the use-cases and technical requirements as compared with consumer / IT application.
This presentation starts with the background for the technological introduction into in-vehicle network based on the features of ethernet and automotive requirements. Then, the new transmission technologies as Ethernet AVB/TSN are overviewed with an attempt to provide the summary of main features. Finally, this report presents the latest status of ethernet standardization and the future trends of automotive ethernet technology.
キーワード (和) 車載イーサネット / イーサネット / 車載ネットワーク / AVB / TSN / 標準化 / /  
(英) Automotive Ethernet / Ethernet / In-vehicle network / AVB / TSN / Standardization / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 489, CS2018-113, pp. 39-39, 2019年3月.
資料番号 CS2018-113 
発行日 2019-03-01 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2019-03-08 - 2019-03-09 
開催地(和) 湘南工科大学 
開催地(英) Shonan Institute of Technology 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-03-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載Ethernetの最新トレンド 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The latest trends of Automotive Ethernet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載イーサネット / Automotive Ethernet  
キーワード(2)(和/英) イーサネット / Ethernet  
キーワード(3)(和/英) 車載ネットワーク / In-vehicle network  
キーワード(4)(和/英) AVB / AVB  
キーワード(5)(和/英) TSN / TSN  
キーワード(6)(和/英) 標準化 / Standardization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 帆加利 知史 / Tomofumi Hokari / ホカリ トモフミ
第1著者 所属(和/英) ルネサスエレクトロニクス株式会社 (略称: ルネサス エレクトロニクス)
Renesas Electronics Corporation (略称: Renesas)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北島 伸克 / Nobukatsu Kitajima /
第2著者 所属(和/英) ルネサスエレクトロニクス株式会社 (略称: ルネサス エレクトロニクス)
Renesas Electronics Corporation (略称: Renesas)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 15:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2018-145,IEICE-CS2018-113 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.488(CAS), no.489(CS) 
ページ範囲 p.39 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-CAS-2019-03-01,IEICE-CS-2019-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会