電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 11:20
[依頼講演]超高速無線伝送実現に向けたOAM-MIMO多重伝送技術の研究開発と実験評価
笹木裕文八木康徳加保貴奈山田貴之李 斗煥清水敬司NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線モバイルバックホール等のPoint to Point(P2P)無線伝送システムの大容量化にむけ,電磁波の軌道角運動量(OAM: Orbital Angular Momentum)を用いた空間多重伝送技術が注目されている.我々はこれまでに,多重円形アレーアンテナを用いてOAM 多重伝送技術とMIMO デジタル信号処理を効果的に組み合わせたOAM-MIMO多重伝送システムを提案してきた.本稿では,これまで提案してきたOAM-MIMO 多重伝送システムの理論的背景を示すと共に、28GHz 帯において構築した実験系と120Gbps の無線伝送実験結果を報告する. 
(英) Recently, communication systems using beams that carry orbital angular momentum (OAM) have gathered much attention for ultra-high-capacity point to point (P2P) wireless communication systems such as mobile back-haul and fronthaul. We have proposed OAM-MIMO multiplexing technique, which effectively combines OAM and traditional multiple-input multiple-output (MIMO) based digital signal processing using multiple uniform circular array antenna. In this paper, we introduce theoretical background of our OAM-MIMO multiplexing system, and demonstrate our experimental setup and a successfully 120 Gbps wireless transmission in 28 GHz frequency band.
キーワード (和) 軌道角運動量多重伝送 / OAM-MIMO / 多重円形アレーアンテナ / 超高速無線伝送 / / / /  
(英) Orbital Angular Momentum / OAM-MIMO / Line of Sight wireless Communication / Multiple uniform circular array antenna / Ultra-high capacity wireless transmission / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 475, SR2018-140, pp. 111-116, 2019年3月.
資料番号 SR2018-140 
発行日 2019-02-27 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高速無線伝送実現に向けたOAM-MIMO多重伝送技術の研究開発と実験評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigation of OAM-MIMO multiplexing technique for ultra high capacity wireless transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 軌道角運動量多重伝送 / Orbital Angular Momentum  
キーワード(2)(和/英) OAM-MIMO / OAM-MIMO  
キーワード(3)(和/英) 多重円形アレーアンテナ / Line of Sight wireless Communication  
キーワード(4)(和/英) 超高速無線伝送 / Multiple uniform circular array antenna  
キーワード(5)(和/英) / Ultra-high capacity wireless transmission  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹木 裕文 / Hirofumi Sasaki / ササキ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 康徳 / Yasunori Yagi / ヤギ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加保 貴奈 / Yakana Kaho / カホ タカナ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 貴之 / Takayuki Yamada / ヤマダ タカユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 斗煥 / Doohwan Lee / リー ドゥハン
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 敬司 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-140 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.475 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会