電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 09:00
クラウド時代におけるVDI Proxyを用いた分散VDIシステムの提案
小口直樹高野陽介富士通研)・阿部俊二NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,PCの盗難,紛失やマルウェアなどによる情報漏洩が社会問題となっており,シンクライアントを携行しネットワークを介して組織内の仮想デスクトップにアクセスするVDIシステムを採用する組織が増えつつある.一方でSaaSなどのクラウドサービスの普及によりこれまで組織内にあった各種サーバやサービスをクラウドへアウトソースすることがトレンドになりつつある.
こうした状況では,VDIサーバをオンプレミス又は特定のクラウドで提供した場合,ファイルやメールを提供するサーバとVDIサーバとの距離が離れる場合かえって操作感が低下する可能性がある.そこで本稿では,データに近いクラウド上でアプリケーションを動作させ,エッジクラウドに,これらを集約して画面表示するVDI Proxyを配備することで,通信特性や品質の影響を低減する方式を提案する.
そして,提案方式の評価を行った結果,既存VDIシステムに比べ提案方式が有効である見通しを得た. 
(英) Recently, information leak due to loosing PC and malwares, etc., is becoming a social problem. VDI system can be one of solutions, where user brings thin client and accesses virtual desktop in a cloud system through networks. On the other hand, it is becoming popular to introduce cloud services such as Software as a Service (SaaS) to outsource their management burden of servers inside their intranet. In such circumstances where a VDI system and other cloud applications are separately located, if a VDI service is offered in one location such as on-premises cloud or a public cloud, the user experience of VDI may degrade. This paper proposes a method that improves response of VDI system and SaaS applications in public clouds by dynamically deploying VDI proxy in edge clouds depending on network condition, quality and traffic load. Moreover, we evaluated the proposed method using an experiment system, which includes emulated wireless access network and core network connecting cloud systems. As a result, we find out the proposed method can be usable.
キーワード (和) シンクライアント / VDI / プロキシ / エッジクラウド / / / /  
(英) Thin client / VDI / Proxy / Edge cloud / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 483, ICM2018-56, pp. 37-42, 2019年3月.
資料番号 ICM2018-56 
発行日 2019-02-28 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 久米島イーフ情報プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2019-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウド時代におけるVDI Proxyを用いた分散VDIシステムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Distributed VDI System using VDI Proxy for Cloud Era 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シンクライアント / Thin client  
キーワード(2)(和/英) VDI / VDI  
キーワード(3)(和/英) プロキシ / Proxy  
キーワード(4)(和/英) エッジクラウド / Edge cloud  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 直樹 / Naoki Oguchi / オグチ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories LTD. (略称: Fujitsu Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 陽介 / Yosuke Takano / タカノ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories LTD. (略称: Fujitsu Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 俊二 / Shunji Abe / アベ シュンジ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2018-56 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会