電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 15:45
シフト演算を利用した噴水符号のシフト分布の詳細化
立田維吹野崎隆之山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 噴水符号はUser Datagram Protocol (UDP) を用いたマルチキャストに高い信頼性を与える消失訂正符号である.
シフト演算を利用した噴水 (ZDF: Zigzag Decodable Fountain) 符号はRaptor符号の設計パラメータにシフト分布を追加した噴水符号である.
本稿ではZDF符号の復号誤り率の向上を目的とする.
この目的を達成するために,詳細化したシフト分布を用いたZDF符号を提案し,その復号誤り率を計算機実験で評価し,復号閾値を密度発展法で評価する.
その結果,提案法は従来のZDF符号よりも復号誤り率が小さくなる場合があることがわかった.
加えて,提案符号およびZDF符号のエラーフロア領域のブロック復号誤り率の近似式を求めた. 
(英) Fountain codes realize reliable communication systems for the multicast with user datagram protocol (UDP).
The zigzag decodable fountain (ZDF) codes are designed by shift distribution and have small decoding erasure rates.
The purpose of this research is to improve the decoding erasure rates of ZDF codes.
To achieve this purpose, we propose a detailed design of shift distribution for ZDF code.
Moreover, we compare the decoding erasure rates by numerical simulations and analyze the asymptotic decoding erasure rates by the density evolution.
As a result, we see that the proposed design lowers the decoding erasure rates in the waterfall region and asymptotic packet overheads.
Furthermore, we analyze the decoding erasure rates in the error floor region.
キーワード (和) 噴水符号 / シフト演算に基づく噴水符号 / シフト分布 / 密度発展法 / エラーフロア / / /  
(英) Fountain codes / Zigzag decodable fountain codes / Shift distribution / Density evolution / Error floor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 477, IT2018-127, pp. 313-318, 2019年3月.
資料番号 IT2018-127 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シフト演算を利用した噴水符号のシフト分布の詳細化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detailed Design of Shift Distribution for Zigzag Decodable Fountain Code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 噴水符号 / Fountain codes  
キーワード(2)(和/英) シフト演算に基づく噴水符号 / Zigzag decodable fountain codes  
キーワード(3)(和/英) シフト分布 / Shift distribution  
キーワード(4)(和/英) 密度発展法 / Density evolution  
キーワード(5)(和/英) エラーフロア / Error floor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 立田 維吹 / Ibuki Tatsuta / タツタ イブキ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野崎 隆之 / Takayuki Nozaki / ノザキ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-127,IEICE-ISEC2018-133,IEICE-WBS2018-128 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 pp.313-318 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会