電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-08 09:00
非線形振動子を用いた自律分散クラスタリングに基づくチャネル割当
中野隼輔稲毛 契都立産技高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線分散ネットワークの各端末が送信するビーコン送信タイミング決定に非線形振動子を用い,干渉関係にある端末が異なるグループに属する自律分散クラスタリングについて提案を行った.この手法は他端末からのビーコン受信タイミングと自身のビーコン送信タイミングとの差に応じて自身のビーコン周期を変更する引き込み現象を用いることで,干渉関係にある端末間のビーコン送信周期に位相差を持たせ,それ以外の端末と位相が揃うようにすることができる.しかしながら,フェージング変動によってクラスタリング性能が劣化する問題があった.また,クラスタリングの際に全端末の正確な時間同期がされている状態からの送信タイミング報告が必要となる問題があった.これら二つの問題を解決するために,ビーコン受信時の引き込み計算に移動平均の処理を加えることで振動子全体を安定させ,成功確率を向上させることができた.またビーコンフレーム内に一つ情報を付与し仮想的なグローバル同期用の振動子ネットワークを構築し,2つの振動子位相を元に自律分散的なチャネル割当を実現した. 
(英) For channel selection in distributed wireless networks, we proposed clustering method via pull-in phenomenon in non-linear oscillators coupled by beacon transmission. In the proposed method, beacon transmission timing is decided based on phase of non-linear oscillator that phase is changed according to phase difference from coupled oscillator. As a result, interfered APs transmit beacon with different timing and non-interfered APs transmit with same timing. Channel clustering can be created based on transmission timing. However, oscillator behavior becomes unstable by receiving beacon packet from non-adjacent terminals due to fading fluctuation. In addition, proposed method requires information reporting to server under all terminal sectorization for clustering. In order to solve two problems, we added a processing of moving average on the beacon reception processing, and improved success probability. We also constructed another oscillator network for virtual global synchronization by adding phase information in the beacon frame, and realized autonomous and distributed channel allocation based on the two oscillator phases.
キーワード (和) 無線LAN / チャネル割り当て / 非線形振動子 / / / / /  
(英) Wireless LAN / Channel Assignment / Non-linear Oscillator / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 475, SR2018-135, pp. 73-79, 2019年3月.
資料番号 SR2018-135 
発行日 2019-02-27 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形振動子を用いた自律分散クラスタリングに基づくチャネル割当 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Allocation based on Autonomous Clustering using Non-linear Oscillators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) チャネル割り当て / Channel Assignment  
キーワード(3)(和/英) 非線形振動子 / Non-linear Oscillator  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 隼輔 / Syunsuke Nakano / ナカノ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: TMCIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲毛 契 / Kei Inage / イナゲ ケイ
第2著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: TMCIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-08 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-135 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.475 
ページ範囲 pp.73-79 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会