電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 10:30
複数周波数帯利用無線LANの分担センシングを用いたチャネル選択に関する一検討
矢野一人滕 睿江頭直人ATR)・ウェバー ジュリアンATR/阪大)・臼井 誠鈴木義規ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する空きリソースを検出して利用する複数周波数帯利用無線LANの検討を行っている.本稿では各周波数帯の無線チャネルを各ノードで分担してセンシングし,その結果に基づき使用チャネルを選択する場合の平均スループットおよび平均オーバヘッドを計算機シミュレーションにより評価する. 
(英) In order to meet increasing traffic load on wireless communcation, the author has studied a multiband wireless LAN which can effectively detect and exploit unused radio resources scattered in time and frequency domains. This paper evaluates the achievable througthput of the multiband wireless LAN that employes channel selection with the aid of task-shared spectrum sensing through computer simulation. This paper also evaluates the average overhead of the task-shared spectrum sensing.
キーワード (和) 無線LAN / 複数周波数帯利用 / チャネル選択 / 分担センシング / 予測センシング / IEEE 802.11 / /  
(英) wireless LAN / multiband operation / channel selection / task-shared sensing / channel status prediction / IEEE 802.11 / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-314, pp. 169-174, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-314 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数周波数帯利用無線LANの分担センシングを用いたチャネル選択に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on channel selection with the aid of task-shared multi-channel sensing for multi-band wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 複数周波数帯利用 / multiband operation  
キーワード(3)(和/英) チャネル選択 / channel selection  
キーワード(4)(和/英) 分担センシング / task-shared sensing  
キーワード(5)(和/英) 予測センシング / channel status prediction  
キーワード(6)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第1著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滕 睿 / Teng Rui / トウ ルイ
第2著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 江頭 直人 / Naoto Egashira / エガシラ ナオト
第3著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ウェバー ジュリアン / Julian Webber / ウェバー ジュリアン
第4著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所/大阪大学 (略称: ATR/阪大)
ATR Wave Engineering Laboratories/Osaka University (略称: ATR/Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼井 誠 / Makoto Usui / ウスイ マコト
第5著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 義規 / Yoshinori Suzuki / スズキ ヨシノリ
第6著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-314 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会