お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 10:00
病室内通信環境を想定したSmartBANの干渉回避手法に関する一検討
有田瑞紀広島市大)・山中仁昭海上保安大)・田中宏和広島市大SIS2018-45
抄録 (和) 近年,様々なモノがインターネットに接続され情報交換されることや健康意識の高まりより医療・ヘルスケアInternet of Things(IoT)システムの研究開発が盛んに行われている.こうした医療・ヘルスケアIoTシステムの発展を支えているのは,体の表面近くに配置された生体センサを柔軟に接続するためのBody Area Network(BAN)である.
著者らはBANの1つであるSmartBANに注目し,AWGN環境での同じ周波数のデータチャネル(D-ch)を使用するBANが接近した際の効率的な回避方法について検討を行ってきた.本稿では病室などの実環境を想定した通信路環境を想定している,IEEE802.15の通信路モデルであるChannel Model 3(CM3)を適用し,提案方式の有効性について評価検討を行う. 
(英) In recent years, due to wide spread use of the Internet and increased awareness of people's health, Internet of Things (IoT) for medical and health care system has been actively developed so far. Moreover, wearable devices, equipped with plural number of sensors, have become popular to acquire people's daily health condition. SmartBAN is a well-discussed and standardized network standard for body area network (BAN) to accommodate various wearable devices and sensors. However, due to rapid increase of the number of such networks for healthcare, interference occurred between the networks became a problem, and should be more decently suppressed. In this paper, we will propose an efficient interference avoidance method among plural number of BANs using the same frequency band. Computer simulations are carried out assumed in an hospital room, to show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) Body Area Network / SmartBAN / 干渉回避 / 病室内通信路 / / / /  
(英) Body Area Network / SmartBAN / Interference Avoidance / Channel model for hospital room / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 473, SIS2018-45, pp. 43-48, 2019年3月.
資料番号 SIS2018-45 
発行日 2019-02-27 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2018-45

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-07 
開催地(和) 東京理科大学葛飾キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. Science, Katsushika Campus 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2019-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 病室内通信環境を想定したSmartBANの干渉回避手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Data Channel Transition Method for SmartBAN in Fading Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Body Area Network / Body Area Network  
キーワード(2)(和/英) SmartBAN / SmartBAN  
キーワード(3)(和/英) 干渉回避 / Interference Avoidance  
キーワード(4)(和/英) 病室内通信路 / Channel model for hospital room  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有田 瑞紀 / Mizuki Arita / アリタ ミズキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 仁昭 / Masaaki Yamanaka / ヤマナカ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 海上保安大学校 (略称: 海上保安大)
Japan Coast Guard Academy (略称: jcga)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏和 / Hirokazu Tanaka / タナカ ヒロカズ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2018-45 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.473 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会