電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 15:00
[招待講演]SUNを用いたワイヤレスグリッドの研究開発と実証 ~ 「モノ主体システム」実現のためのNICTの取組み ~
児島史秀NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線機同士がグリッド状に連携するワイヤレスグリッド構造の,次世代無線通信システムの重要な一角を占めるIoTへの適用を目指し,システム要件の多様化に関する研究開発と,評価装置等を用いた実証について報告する.本研究では,スマートメータ用無線網として有効なSUNシステムの機能拡張を前提としながら,多数の無線機が自律分散的に協調動作する大容量データ収集網,電池駆動で10年以上等の長期間動作を実現する超省電力動作網,工場等の特殊な状況への無線適用である高信頼メッシュ網の各形態の検討と実証を行い,それぞれ所望のアプリケーションに対する有効性を示す.さらに,システム実現に際する将来の技術課題について考察する. 
(英) This paper reports on the R&D on the wireless grid diversification by assuming its application to the IoT that are expected as one of the most important next generation radio communication systems. In this study, we propose a concept of wireless grid that means a grid structure constructed by several radio devices and also assume employment of SUN systems for effective smart-metering. This paper further reports on t the high-capacity data collection network with many radio devices, the ultra low-energy operation network assuming battery driven long life operations and the reinforced mesh network that expands radio deployments. The paper proposes future enhancements for the wireless grid system.
キーワード (和) IoT / MAC / 省電力 / SUN / 実証 / / /  
(英) IoT / MAC / Low-Energy / SUN / Proof Tests / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 476, SRW2018-66, pp. 49-54, 2019年3月.
資料番号 SRW2018-66 
発行日 2019-02-27 (RCS, SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SUNを用いたワイヤレスグリッドの研究開発と実証 
サブタイトル(和) 「モノ主体システム」実現のためのNICTの取組み 
タイトル(英) R&D and Proof Tests on the Wireless Grid using SUN 
サブタイトル(英) NICT's Activities toward realization of IoT Society 
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) MAC / MAC  
キーワード(3)(和/英) 省電力 / Low-Energy  
キーワード(4)(和/英) SUN / SUN  
キーワード(5)(和/英) 実証 / Proof Tests  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 15:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-RCS2018-318,IEICE-SR2018-133,IEICE-SRW2018-66 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474(RCS), no.475(SR), no.476(SRW) 
ページ範囲 pp.189-194(RCS), pp.65-70(SR), pp.49-54(SRW) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27,IEICE-SR-2019-02-27,IEICE-SRW-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会