お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 13:55
Paragraph Vectorを用いた社内ポリシー遵守状況のモニタリングに関する検討
佐々木満春NTT東日本)・西山泰史熊谷充敏神谷和憲NTTICSS2018-71
抄録 (和) 社内ポリシーの違反に繋がっている悪意のない企業内部のユーザの行為は一定数存在しており,その振る舞いを契機とした重大なセキュリティインシデントを未然に防ぐことが求められる.Web通信の監視を強化するための対策として,多くの企業ではCASB製品を導入している.しかし,必ずしも製品と企業とのポリシーは合致せず,企業内のポリシー違反の有無を検知するためには,対象のWebサイトを人手で確認する必要があった.本稿では,Web検索のスニペットに対してParagraph Vectorを用いることで,文書の特徴を表現する文書ベクトルを獲得し,教師あり学習により作成した分類器を用いて自動的にポリシー違反の有無を判定する手法を提案する.実際の企業内における業務活動の過程で取得された通信ログを用いて評価実験を行い,提案手法は従来手法よりも高精度に分類できることを示す. 
(英) There are a certain number of employees who violate regulatory compliance by non-malicious acts. Since their violation might cause serious security incidents, companies are required to prevent it in advance. Although many companies introduce CASB products to improve the monitoring of web communications, network administrators have to judge visually whether it is a violation because of the difference between CASB and company rules. In this paper, the authors propose to use Paragraph Vector for web search snippets to get vectors expressing features of the document and attempt to judge the violation with a classifier generated by supervised learning. The authors show that proposed method is superior to conventional method through comparative experiments with actual web logs obtained from business activities within a company.
キーワード (和) Paragraph Vector / Web検索 / 機械学習 / 企業データ / / / /  
(英) Paragraph Vector / Web search / Machine Learning / Enterprise data / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 486, ICSS2018-71, pp. 19-24, 2019年3月.
資料番号 ICSS2018-71 
発行日 2019-02-28 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2018-71

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) NICT沖縄電磁波技術センター 
開催地(英) NICT Okinawa Electromagnetic Technology Center 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2019-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Paragraph Vectorを用いた社内ポリシー遵守状況のモニタリングに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Regulatory Compliance Monitoring on the Web Using Paragraph Vector 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Paragraph Vector / Paragraph Vector  
キーワード(2)(和/英) Web検索 / Web search  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) 企業データ / Enterprise data  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 満春 / Mitsuharu Sasaki / ササキ ミツハル
第1著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone East Corporation (略称: NTT EAST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 泰史 / Taishi Nishiyama / ニシヤマ タイシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 充敏 / Atsutoshi Kumagai / クマガイ アツトシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 和憲 / Kazunori Kamiya / カミヤ カズノリ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2018-71 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.486 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会