電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 15:05
畳込み符号のビタビ復号に伴うInnovations,σ-集合体,Martingales
田島正登
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 著者は先に,線形フィルター理論との対比から,畳込み符号のビタビ復号器入力に対応するinnovationと呼べる量を抽出し,それがSSTビタビ復号器の主復号器入力になっていることを導いた.ここでは,確率過程論の立場から,SSTビタビ復号器の入力および対応する主復号器の入力からinnovationおよびmartingaleを抽出する問題を考える.その際,観測または実験により知りえた情報に相当する,増大するσ-集合体の系の選び方が重要である.また,情報を含めた観測系列の全体がガウス系をなすかどうかが本質的に関わっていることが示される. 
(英) In the previous paper, by comparing with the results in the linear filtering theory, we have introduced the notion of innovations for Viterbi decoding of convolutional codes. In this paper, we discuss a problem of extracting innovations/martingales from the input to an SST Viterbi decoder and the input to the corresponding main decoder from the viewpoint of stochastic processes. We see that increasing families of sigma-fields (i.e., filtrations) associated with the information available from knowledge of the observations play an essential role. It is shown that whether the composite of the information and related observations forms a system of Gaussian random variables is crucial to our discussion.
キーワード (和) 線形フィルター理論 / イノベーション / σ-集合体 / マルチンゲール / ガウス確率変数系 / / /  
(英) linear filtering theory / innovation / sigma-field / martingale / Gaussian random variables / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 477, IT2018-98, pp. 137-142, 2019年3月.
資料番号 IT2018-98 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 畳込み符号のビタビ復号に伴うInnovations,σ-集合体,Martingales 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Innovations, σ-Fields, and Martingales Associated with Viterbi Decoding of Convolutional Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 線形フィルター理論 / linear filtering theory  
キーワード(2)(和/英) イノベーション / innovation  
キーワード(3)(和/英) σ-集合体 / sigma-field  
キーワード(4)(和/英) マルチンゲール / martingale  
キーワード(5)(和/英) ガウス確率変数系 / Gaussian random variables  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 正登 / Masato Tajima / タジマ マサト
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-98,IEICE-ISEC2018-104,IEICE-WBS2018-99 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会