電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 15:15
スマートフォンを利用した企業内ウォーキングイベントの効果 ~ イベント参加者の特性による効果の違い ~
三島浩路中部大)・黒川雅幸愛知教大)・小西達也永田雅俊本庄 勝米山暁夫KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では歩くことを促す企業内のイベントが,参加者の歩行を促進するのかどうかを,スマートフォンを利用して実際の歩数を計測する方法で検証する。さらに,参加者の特性によるイベントの効果の違いや,スマートフォンを利用したプッシュ通知の効果についても検討する。収集したデータを分析した結果,イベント期間中の参加者の歩数平均値はイベント前に比べて有意に多く,歩行を促進するイベントの効果がみとめられた。また,職場帰属意識やイベント参加の動機の違いにより,歩行促進に及ぼすイベントの効果が異なることなども示唆された。さらに,歩行を促す目的で参加者に発信したプッシュ通知が,歩行を抑制する方向で機能した可能性を示唆する結果も得られた。 
(英) This work of research aims to examine whether in-house events held by employers for the purpose of promoting walking can actually encourage the participants to walk more. Smartphones were used to measure the number of steps taken by participants and to send “push” notifications encouraging them to walk. Other types of information were also collected from these participants, such as their attitude toward their workplace and their motivations for participating. The analysis of the collected data found that the participants walked significantly more steps during the events than they did previously, indicating that the events were indeed effective. Effects varied depending on participants’ sense of belonging at their workplace and their motivations. However, the “push” notifications sent to the participants to promote walking were not proven to be effective and may even have had a negative impact.
キーワード (和) ウォーキングイベント / うながし / 企業 / プッシュ通知 / スマートフォン / / /  
(英) walking event / nudge / company / push notification / smartphone / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 487, HCS2018-72, pp. 31-36, 2019年3月.
資料番号 HCS2018-72 
発行日 2019-02-28 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 北星学園大学 
開催地(英) Hokusei Gakuen Univ. 
テーマ(和) コミュニケーション研究の来し方行く末、および一般 
テーマ(英) Past and future of communication research, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2019-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートフォンを利用した企業内ウォーキングイベントの効果 
サブタイトル(和) イベント参加者の特性による効果の違い 
タイトル(英) The effect of in-house walking events using smartphones 
サブタイトル(英) Differences according to participant characteristics 
キーワード(1)(和/英) ウォーキングイベント / walking event  
キーワード(2)(和/英) うながし / nudge  
キーワード(3)(和/英) 企業 / company  
キーワード(4)(和/英) プッシュ通知 / push notification  
キーワード(5)(和/英) スマートフォン / smartphone  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三島 浩路 / Koji Mishima / ミシマ コウジ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 雅幸 / Masayuki Kurokawa / クロカワ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 愛知教育大学 (略称: 愛知教大)
Aichi University of Education (略称: Aichi University of Edu.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 達也 / Tatsuya Konishi / コニシ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 雅俊 / Masatoshi Nagata / ナガタ マサトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 本庄 勝 / Masaru Honjo / ホンジョウ マサル
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 米山 暁夫 / Akio Yoneyama / ヨネヤマ アキオ
第6著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2018-72 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.487 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会