電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 11:20
水中音響通信のための2重選択性チャネルシミュレータ ~ キャリア周波数帯サンプリング性能ベンチマークチャネルモデル ~
久保博嗣塚本圭哉竹村真志立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,水中音響通信 (UWAC) のための2重選択性チャネルシミュレータを提案する.ここで,2重選択性とは,時間選択性と周波数選択性が同時に発生する伝搬環境のことである.提案するチャネルシミュレータは,キャリア周波数帯サンプリングにより,UWAC固有の課題に対応するため,厳しい2重選択性を実現でき,かつ,大きな比帯域に対応できるものである.まず,本報告では,UWAC用2重選択性チャネルシミュレータの原理,及び,その離散時間系での実現手法を提案する.
次に,本報告では,無線伝送方式の性能ベンチマークが可能な,簡易なベンチマークチャネルモデルを提案する.最後に,計算機シミュレーション結果から,ベンチマークチャネルモデルを用いた提案する2重選択性チャネルシミュレータにより,UWACの実験環境を模擬できることを明らかにする. 
(英) This paper proposes a doubly-selective channel simulator for underwater acoustic communications (UWAC), where doubly-selective environment corresponds to time and frequency selective channel environment.
The proposed channel simulator can simulate severe doubly-selective environment and large signal frequency band-width to center carrier frequency ratio inevitable in UWAC environment thanks to carrier frequency band sampling.
First, this paper proposes a principle of the doubly-selective channel simulator for UWAC and its applications in discrete-time channel models.
Next, this paper indicates performance bench-mark channel model in order to evaluate several wireless transmission technologies.
Finally, computer simulation results confirm that the proposed doubly-selective channel simulator using the bench-mark channel model can simulate actual experimental environment of UWAC.
キーワード (和) 水中音響通信 / 2重選択性伝搬路 / チャネルシミュレータ / キャリア周波数帯サンプリング / チャネルモデル / / /  
(英) Underwater Acoustic Communications / Doubly-Selective Channels / Channel Simulators / Carrier Frequency Band Sampling / Channel Models / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-307, pp. 139-144, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-307 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水中音響通信のための2重選択性チャネルシミュレータ 
サブタイトル(和) キャリア周波数帯サンプリング性能ベンチマークチャネルモデル 
タイトル(英) A Doubly-Selective Channel Simulator for Underwater Acoustic Communication Channels 
サブタイトル(英) Carrier Frequency Band Sampling Performance Bench-Mark Channel Model 
キーワード(1)(和/英) 水中音響通信 / Underwater Acoustic Communications  
キーワード(2)(和/英) 2重選択性伝搬路 / Doubly-Selective Channels  
キーワード(3)(和/英) チャネルシミュレータ / Channel Simulators  
キーワード(4)(和/英) キャリア周波数帯サンプリング / Carrier Frequency Band Sampling  
キーワード(5)(和/英) チャネルモデル / Channel Models  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 圭哉 / Yoshiki Tsukamoto / ツカモト ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 真志 / Masashi Takemura / タケムラ マサシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-307 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会