電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 10:55
3周波数帯同時伝送無線LANの試作装置開発および伝送実験評価
江頭直人矢野一人ATR)・ウェバー ジュリアンATR/阪大)・臼井 誠ATR)・周東雅之杉谷敦彦雨澤泰治モバイルテクノ)・鈴木義規ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年の無線LAN(WLAN)やIoT/M2M機器の利用拡大により急増するトラヒックの収容に向けて,筆者らは単一端末で複数周波数帯を柔軟かつ同時に利用し,周波数利用効率を向上する技術を検討している.
提案WLANは,近い将来のチャネルの利用状況をリアルタイムに予測し,ある周波数帯で送信権を得たら即座に送信するか,他の周波数帯もidleになってからこれらを束ねて送信するかを判断して,周波数利用効率を向上させる.筆者らはこれまで2.4 GHzおよび5.2/5.3 GHz帯の2つの周波数帯を用いた同時伝送を行う初期試作装置を開発し,実験によりその有効性を確認したが,チャネル利用状況のリアルタイム予測は行っていなかった.
今回は2.4 GHz, 5.2 GHz, 5.6 GHz帯を用いた3周波数帯同時伝送と,リアルタイムでチャネル利用予測を行える試作試作装置を構築し,伝送実験によりその性能を評価したため報告する.実験により,提案WLANは単一帯域のみ使う従来の無線LANと比較して,干渉トラヒック存在下において約3.4倍のスループットを達成することを示す. 
(英) The amount of traffic in wireless local area network (WLAN) is increasing due to expansion of Internet of things (IoT) applications and off-loading of cellular traffic. Therefore, we have been studying a WLAN system which simultaneously exploits multiple frequency bands to improve spectral efficiency.
We have developed an initial prototype for 2.4 and 5.2/5.3 GHz bands; once the transmitter obtains a transmission opportunity (TXOP) on a band, it judges whether it should immediately transmit a single-band frame of pends its transmission for a while to make multi-band transmission. The initial prototype makes this decision using a distribution of idle duration measured in advance.
In this paper, we introduce the tri-band prototype for 2.4 GHz, 5.2 GHz, and 5.6 GHz bands. The advanced prototype determines whether it pends its transmission with the aid of realtime prediction of upcoming busy/idle duration.
Through experimental evaluation, we confirm that the proposed WLAN improves a throughput performance by 3.4 times compared with conventional single-band WLAN under the crowded channel condition.
キーワード (和) 無線LAN / 複数周波数帯 / 同時伝送 / 試作装置開発 / 伝送実験 / / /  
(英) Wireless LAN / Multi-band / Simultaneous transmission / Prototype development / Experimental evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-315, pp. 175-180, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-315 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3周波数帯同時伝送無線LANの試作装置開発および伝送実験評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype Development of Wireless LAN with Multiband Simultaneous Transmission and Its Experiment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 複数周波数帯 / Multi-band  
キーワード(3)(和/英) 同時伝送 / Simultaneous transmission  
キーワード(4)(和/英) 試作装置開発 / Prototype development  
キーワード(5)(和/英) 伝送実験 / Experimental evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江頭 直人 / Naoto Egashira / エガシラ ナオト
第1著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第2著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ウェバー ジュリアン / Julian Webber / ウェバー ジュリアン
第3著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所/大阪大学 (略称: ATR/阪大)
ATR Wave Engineering Laboratories/Ossaka University (略称: ATR/Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼井 誠 / Makoto Usui / ウスイ マコト
第4著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 周東 雅之 / Masayuki Sutoh / ストウ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 モバイルテクノ (略称: モバイルテクノ)
Mobile Techno Corp. (略称: MTC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉谷 敦彦 / Sugitani Atsuhiko / スギタニ アツヒコ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 モバイルテクノ (略称: モバイルテクノ)
Mobile Techno Corp. (略称: MTC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨澤 泰治 / Yasuharu Amezawa / アメザワ ヤスハル
第7著者 所属(和/英) 株式会社 モバイルテクノ (略称: モバイルテクノ)
Mobile Techno Corp. (略称: MTC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 義規 / Yoshinori Suzuki / スズキ ヨシノリ
第8著者 所属(和/英) ATR波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-315 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.175-180 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会