電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 13:40
[奨励講演]無線LANを用いた移動体における干渉測位のアンビギュイティ推定を含む位置推定に関する一検討
武者大樹藤井雅弘宇都宮大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) GPS (Global Positioning Systems)を用いて屋内位置推定を行う場合,壁などの構造物によって電波が遮蔽されることがあり,位置推定が不可能となる場合がある.一方で,無線LANを用いて屋内位置推定を行う場合,受信信号強度に基づく手法が広く検討されているが,受信強度は伝搬環境によって変動するため,位置推定精度が劣化する恐れがある.GPSと同様に,伝搬の到来時間差を利用することを考えると,GPSでは衛星間で高い精度の時計同期を前提とできるが,無線LANでは衛星に相当するアクセスポイント(Access Point:AP)間での高精度での時計同期は困難である.そこで,本稿では,無線LANを用いて,GPSの干渉測位技術に基づく新しい位置推定手法を提案する.GPSの干渉測位と異なり,無線LANの干渉測位では,測位に必要な基準局の役割をAPが担うことが可能である.また,干渉測位における一重及び二重位相差を用いることで,AP及び位置推定対象の測位局の時計誤差を相殺可能である.本稿では,数値計算シミュレーションを用いて,搬送波位相の計測の際に含まれる計測誤差を考慮した場合における,提案手法による移動体の測位性能を評価する. 
(英) When we estimate a location of a rover by using the Global Positioning Systems (GPS) indoors, it may be impossible to do it because the radio wave from satellites is shielded by objects such as the wall.On the other hand, it is possible to estimate the location by using the Received Signal Strength Indicator (RSSI) of the Wireless Local Area Network (WLAN) systems. However, a variation of the RSSI dependent of a wireless channel environment may deteriorate the accuracy of the location estimation. Although a location estimation by using the GPS assumes a clock synchronization among the satellites, it is difficult to synchronize the clocks among the Access Point (AP) of the WLAN if we adopt the location estimation based on the GPS to that based on the WLAN. Thus, in this paper, we propose a new location estimation method based on the kinematic positioning of the GPS. Although the kinematic positioning of GPS usually requires reference observers, the proposed system does not need it because the AP can play roles of both the satellite and the reference observer. Moreover, it is possible to cancel the clocks of both the APs and the rover which estimates the location by using the single phase difference and the double phase difference of the kinematic positioning of the GPS. In this paper, we evaluate the estimation performances of the proposed method when all terminals observed erroneous signals by computer simulations.
キーワード (和) 屋内位置推定 / 無線LAN / 時計誤差 / 干渉測位 / 計測誤差 / / /  
(英) Indoor Positioning / Wireless LAN / Clock error / Kinematic Positioning / Observation Error / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 479, WBS2018-96, pp. 121-126, 2019年3月.
資料番号 WBS2018-96 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANを用いた移動体における干渉測位のアンビギュイティ推定を含む位置推定に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Location Estimation includes ambiguity Estimation of Kinematic Positioning for Mobile Terminal by using Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 屋内位置推定 / Indoor Positioning  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) 時計誤差 / Clock error  
キーワード(4)(和/英) 干渉測位 / Kinematic Positioning  
キーワード(5)(和/英) 計測誤差 / Observation Error  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武者 大樹 / Hiroki Musha / ムシャ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 雅弘 / Masahiro Fujii / フジイ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2018-95,IEICE-ISEC2018-101,IEICE-WBS2018-96 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会