電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 09:25
N波長無線通信技術による路車間通信システムの研究
佐藤剛至NICT)・柴田義孝岩手県立大)・内田法彦福岡工大
抄録 (和) 近隣のノードと路車間通信によりセンサ情報などを交換・共有するため,新たにN種の波長の異なる無線を統合してN波長コグニティブ無線を開発する.通信環境の変化(通信距離,雑音比,干渉等)やアプリケーション要求(要求スループット等)に応じて,必要とされる無線通信品質(スループット,遅延,パケットロス率,RSSI)による評価関数を最大化する無線リンクの決定し路車間通信の通信距離および総データ転送量を最大化できる.装備されている無線リンクの中から,最適な無線リンクが選択出来る機能を開発する. 
(英) In order to exchange and share with short distance nodes by V2I communication in real time, we will integrate N different wavelengths of different wavelengths and develop N wavelength cognitive radio. (Throughput, delay, packet loss rate, RSSI) necessary according to the change in the communication environment (communication distance, noise ratio, interference, etc.)) and the application request (request sleeve etc.) The communication distance of the on-road communication and the total data transfer amount can be maximized. Develop a function that can select the optimal radio link from the equipped radio links.
キーワード (和) LoRa / コグニティブ無線 / 路車間通信 / / / / /  
(英) LoRa / Cognitive Wireless Technology / V2I communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-303, pp. 119-122, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-303 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) N波長無線通信技術による路車間通信システムの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on V2I Communication System Combining Radio Communication of Various Wavelengths 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LoRa / LoRa  
キーワード(2)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Wireless Technology  
キーワード(3)(和/英) 路車間通信 / V2I communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 剛至 / Goshi Sato / サトウ ゴウシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 義孝 / Yoshitaka Shibata /
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
iwate prefectural university (略称: IPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 法彦 / Noriki Uchida /
第3著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-303 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.119-122 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会