電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 09:30
マルコフ情報源に対する有限窓zero冗長度推定量の性能解析 ~ アルファベットが状態毎に未知である場合 ~
橋元雄祐川端 勉電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルコフモデルを用いてベイズ符号化する無歪情報源符号化ではゼロ頻度問題が生じたときに冗長度が
悪化する.その解決法としてゼロ冗長度推定量が提案されている.従来研究はこの推定量を有限窓に基づく方法に
適用し,とりわけ未知アルファベットに関する仮定として状態に依存しない場合の推定量の冗長度性能を解析して
いる.一方,未知アルファベットが状態に依存する場合にはその推定量はRissanen 下界を達成しない.ただそこで
はアルファベットが状態毎に異なる場合の推定量が提案されそれがRissanen 下界を達成することが未証明で主張さ
れている.この主張は有用であると思われるので,本稿ではその証明を与える. 
(英) A Bayesian (Laplace or Krichevski-Trofimov) estimator for Markov source can be used to build a lossless
source code. However it achieves the first order asymptotic optimal redundancy, only when the actual predictive
probabilities are all positive. In the other case, that is when the actual alphabet is unknown, we can modify the
estimator into a zero-redundancy estimator. We have previously applied the idea in the finite window setting, and
have shown the first order asymptotic optimality of the redundancy, when the probability is positive on an unknown
alphabet. Our work further proposes an estimator, in the same finite window setting, when the actual alphabet are
state wise unkown, which we believe is a useful case, and claims without proof the first order asymptotic optimality
of the redundancy. In this paper, we prove the last claim.
キーワード (和) マルコフ情報源 / 無歪情報源符号 / 有限窓 / 漸近的冗長性 / ゼロ-冗長度推定量 / / /  
(英) Markov source / lossless source coding / finite window / asymptotic redundancy / zero-redundancy estimator / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 477, IT2018-89, pp. 85-90, 2019年3月.
資料番号 IT2018-89 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルコフ情報源に対する有限窓zero冗長度推定量の性能解析 
サブタイトル(和) アルファベットが状態毎に未知である場合 
タイトル(英) Analysis of Zero-Redundancy Estimator with a Finite Window for Markovian Source 
サブタイトル(英) When the Statewise Alphabets are Unknown 
キーワード(1)(和/英) マルコフ情報源 / Markov source  
キーワード(2)(和/英) 無歪情報源符号 / lossless source coding  
キーワード(3)(和/英) 有限窓 / finite window  
キーワード(4)(和/英) 漸近的冗長性 / asymptotic redundancy  
キーワード(5)(和/英) ゼロ-冗長度推定量 / zero-redundancy estimator  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋元 雄祐 / Yusuke Hashimoto / ハシモト ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
Univeristy of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川端 勉 / Tstutomu Kawabata / カワバタ ツトム
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
Univeristy of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-89,IEICE-ISEC2018-95,IEICE-WBS2018-90 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会