電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 10:55
分割木で今後使われない節点を候補から外して符号化する二段階LZY符号
有村光晴湘南工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) LZ78符号のバリエーションであるLZY符号において,新しく切り出されたブロックは,候補ブロック集合のサイズを用いて固定長符号化される.候補ブロック集合の構築は,逐次的にブロックを切り出して符号化する際,各切り出しステップで切り出されたブロックに,アルファベットの全ての種類のシンボルを追加したものが新たに候補ブロック集合に追加され,切り出されたブロックが候補ブロック集合から除かれる.各ブロックは,候補ブロック集合内でのインデックスが,候補ブロック集合のサイズの,2を底とする対数の切り上げ(ビット)で符号化されるが,候補ブロック集合の中に,今後使用されないブロックが多数含まれている.このため,ブロックのインデックスの符号化に無駄が存在する.本稿では,完成した分割木を先に符号化した後で,改めて符号化する系列の先頭から逐次分割および各ブロックの符号化を行なう二段階符号を提案する.この符号化で採用するアルゴリズムにより,今後候補とならないブロックを候補の集合から外すことができ,ブロックのインデックスの符号化効率を改善できる.提案する符号により,元のLZY符号よりも符号語長が短くなるような系列が存在することを示す. 
(英) When blocks are parsed and encoded incrementally in the LZY code, which is a variation of the LZ78 code, the newly parsed block is encoded using the size of the candidate set of blocks. The candidate block set is incrementally constructed by, at each parsing step, adding all the blocks which are concatenation of the parsed block and each of all the symbols of alphabet, and removing the parsed block. When each block is encoded, the candidate set includes blocks which will not be used at the further parsing. This degrades the coding efficiency of indexes of blocks. This paper proposes a two-step code in which the final parsing tree is encoded first, and the parsing and the encoding of blocks are processed again from the beginning of the encoded sequence. The algorithm of this code can omit the blocks which will not be used from the candidates, and improves the coding efficiency of the block indexes. It is shown that there exists a sequence which can be encoded efficiently by the proposed two-step code than the origianl LZY code.
キーワード (和) 情報源符号化 / データ圧縮 / ユニバーサル符号 / Lempel-Ziv符号 / LZ78符号 / LZY符号 / /  
(英) Source Coding / Data Compression / Universal Code / Lempel-Ziv Code / LZ78 Code / LZY Code / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 477, IT2018-92, pp. 103-108, 2019年3月.
資料番号 IT2018-92 
発行日 2019-02-28 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-08 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分割木で今後使われない節点を候補から外して符号化する二段階LZY符号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Two-Step LZY Code by Excluding the Nodes Which Will Not be Used from the Candidate Set 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報源符号化 / Source Coding  
キーワード(2)(和/英) データ圧縮 / Data Compression  
キーワード(3)(和/英) ユニバーサル符号 / Universal Code  
キーワード(4)(和/英) Lempel-Ziv符号 / Lempel-Ziv Code  
キーワード(5)(和/英) LZ78符号 / LZ78 Code  
キーワード(6)(和/英) LZY符号 / LZY Code  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有村 光晴 / Mitsuharu Arimnura / アリムラ ミツハル
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-92,IEICE-ISEC2018-98,IEICE-WBS2018-93 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.477(IT), no.478(ISEC), no.479(WBS) 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-02-28,IEICE-ISEC-2019-02-28,IEICE-WBS-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会