電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 10:30
統計ビームに基づく大規模MIMO信号検出のための階層型BPに関する一検討
高橋拓海阪大)・Antti Tölliオウル大)・衣斐信介三瓶政一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,デジタルビームフォーミングによるMIMO通信路の次元縮小を前提に,信念伝搬法 (BP: Belief Propagation) によるマルチユーザ検出 (MUD: Multi-User Detection) 精度の向上を目指す.受信機の回路規模・計算負荷を低減するための方策として,通信路の統計情報に基づくビームフォーミング (OBF: Outer Beam Forming) と,分割されたビーム領域でのMUDからなる2段階処理が検討されているが,OBFに基づく等価通信路の次元縮小は,後段の線形検出器の性能を著しく低下させる.この問題を解決するため,異なる2種類のBP層を連結した低演算量な階層型BPを提案し,次元縮小に起因するビリーフのモデル誤差を段階的に抑圧することで,大幅な検出性能の向上が可能であることを計算機シミュレーションにより明らかにする. 
(英) This paper proposes a novel layered belief propagation (BP) detector with a concatenated structure of two different BP layers for low-complexity large MU-MIMO detection based on statistical beams. To reduce the computational burden and the circuit scale on the base station (BS) side, the two-stage signal processing consisting of slow varying outer beamformer (OBF) and group-specific MU detection (MUD) for fast channel variations is effective. However, the dimensionality reduction of the equivalent channel based on the OBF results in significant performance degradation in subsequent spatial filtering detection. To compensate for the drawback, the proposed layered BP detector, which is designed for improving the detection capability by suppressing the intra- and inter-group interference in stages, is introduced. Finally, we demonstrate the validity of our proposed method in terms of the bit error rate (BER) performance and the computational complexity.
キーワード (和) 信念伝搬法 / 統計ビームフォーミング / 次元縮小 / 階層構造 / 大規模MIMO / / /  
(英) Belief propagation / Outer beamforming / Dimensionality reduction / Layered structure / Large MIMO / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-285, pp. 19-24, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-285 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統計ビームに基づく大規模MIMO信号検出のための階層型BPに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Layered Belief Propagation for Large MIMO Detection based on Statistical Beams 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 信念伝搬法 / Belief propagation  
キーワード(2)(和/英) 統計ビームフォーミング / Outer beamforming  
キーワード(3)(和/英) 次元縮小 / Dimensionality reduction  
キーワード(4)(和/英) 階層構造 / Layered structure  
キーワード(5)(和/英) 大規模MIMO / Large MIMO  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 拓海 / Takumi Takahashi / タカハシ タクミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Antti Tölli / Antti Tolli / アンティ トオリ
第2著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-285 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会