電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 14:15
IQと創造性テストからの高齢健常者の脳波解析
山西輝也福井工大)・上野幹二福井大)・信川 創千葉工大)・山本航平北陸先端大)・西村治彦兵庫県立大)・髙橋哲也福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我が国は,今日,世界で最も高齢化した社会となった.
このような社会において危惧されるのが高齢者の脳機能の低下である.
記憶の低下や徘徊は家族の大きな負担となる.
しかしながら一方で,高齢であっても壮年のときと変わらず元気に健やかに生活ができている人たちもいる.
そこで,脳活動と外的特徴としての知能指数や創造性との関係について脳波の同期性から調べ多重検定を行う.
そして,有意差が見出せたなら,分類器を用いて受信者動作特性 (ROC) 曲線を算出し,ROC曲線下面積 (AUC) 値から本手法の有用性の評価を試みる. 
(英) Today, Japan became the most aging societies in the world.
Lowering of brain functions of the elderly people is feared in such societies.
The deterioration of memory and/or the wandering symptom for the elderly people become a great strain on the family.
However, there are some people being able to live cheerfully healthily same as in the prime of life even in the elderly.
In this study, we investigate relations of a synchronization for electroencephalogram (EEG) on intellectual functions (IQ) and a creativity as external features on the brain, and carry out multiple comparisons on our EEG analysis.
In addition, it is attempted to evaluate a efficacy on our proposed method from a value of area under ROC curve (AUC) by using some classifiers.
キーワード (和) 脳波解析 / 同期性 / 創造性 / IQ / Phase Lag Index / / /  
(英) EEG Analysis / Synchronization / Creativity / Intellectual Function / Phase Lag Index / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-112, pp. 131-135, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-112 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IQと創造性テストからの高齢健常者の脳波解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of EEG for healthy elderly people with IQ and creativity scores 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波解析 / EEG Analysis  
キーワード(2)(和/英) 同期性 / Synchronization  
キーワード(3)(和/英) 創造性 / Creativity  
キーワード(4)(和/英) IQ / Intellectual Function  
キーワード(5)(和/英) Phase Lag Index / Phase Lag Index  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山西 輝也 / Teruya Yamanishi / ヤマニシ テルヤ
第1著者 所属(和/英) 福井工業大学 (略称: 福井工大)
Fukui University of Technology (略称: Fukui Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 幹二 / Kanji Ueno / ウエノ カンジ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 信川 創 / Sou Nobukawa / ノブカワ ソウ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 航平 / Kouhei Yamamoto / ヤマモト コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 治彦 / Haruhiko Nishimura / ニシムラ ハルヒコ
第5著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 哲也 / Tetsuya Takahashi / タカハシ テツヤ
第6著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-112 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.131-135 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会