電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 16:15
MicroCT画像のための超解像とノイズ除去の検討
眞下美紅庄野 逸電通大NC2018-86
抄録 (和) 画像の解像度は, その画像の画質の良さを決定づける一つの要因となるので高い方が望ましく, 画像を高解像度化する技術である超解像の研究が注目を浴びている.
本研究はMicroCT(Computed Tomography)画像の高解像度化を目的とする.
MicroCT画像は細胞の解析などの用途に用いられるもので, MicroCTスキャンによって得られた3Dデータから画像として切り出したものを本研究では取り扱った.
MicroCT画像は通常のCT画像のスケールが1{rm pixel}辺り$mm$単位であるのに対し$mu m$単位のもので, この解像度をあげることができれば, 様々な病気の発見につながり医療の発展に役立つと考えられる.
様々な手法が提案されている超解像技術の中で, 深層学習を用いた学習型の超解像を用いて検証を行った.
ここで問題となるのが従来の超解像技術は, 入力画像に存在するノイズがあまり考慮されていないことである.
通常, 解像度を上げるように学習されたモデルにノイズの存在する画像を入力すると, ノイズが強調されて出力されてしまうため, 逆に画質の悪い画像になってしまう問題が挙げられる.
特に本研究で用いるMicroCT画像は観測時に多くノイズが付加されてしまう.
そのため, デノイジングと超解像の2つの処理をどのように行えばMicroCT画像がヒトにとって見えやすい画像になるのか検証を行った. 
(英) The purpose of this research is to increase the resolution of MicroCT (Computed Tomography) images.
The MicroCT image is used for applications such as analysis of cells, and in this research we dealt with images extracted as images from 3D data obtained by MicroCT Scanner.
The MicroCT image is of the unit of $ mu m $, whereas the scale of the normal CT image is about 1 { rm pixel} in units of $ mm $, and if this resolution can be raised, it is possible to find various diseases and development medical field.
The technique to generate the high resolution image from the low resolution one is called super-resolution.
Among super resolution technologies in which various methods have been proposed, we used deep learning type super resolution to verification.
The problem here is that many conventional super resolution technology don`t consider the noise in the input image.
Normally, when a noised image is input to a model learned to raise the resolution, the noise is emphasized.
It is a problem that the image becomes poor in image quality.
In particular, MicroCT images have many noise generated during observation.
For this reason, we examined how the two processes of denoising and super-resolution can be performed to make the MicroCT image an image that is easily visible to humans.
キーワード (和) 超解像 / ノイズ除去 / 医療画像 / 深層学習 / / / /  
(英) super resolution / denoising / medical image / deep learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 470, NC2018-86, pp. 227-232, 2019年3月.
資料番号 NC2018-86 
発行日 2019-02-25 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2018-86

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MicroCT画像のための超解像とノイズ除去の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of Super Resolution and Noise Removal for MicroCT Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超解像 / super resolution  
キーワード(2)(和/英) ノイズ除去 / denoising  
キーワード(3)(和/英) 医療画像 / medical image  
キーワード(4)(和/英) 深層学習 / deep learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞下 美紅 / Miku Mashimo / マシモ ミク
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄野 逸 / Hayaru Shouno / ショウノ ハヤル
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2018-86 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会