電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 15:05
fNIRSを用いた短期運動学習過程における安静時脳活動変化の評価
柄澤 匠草野利樹南部功夫和田安弘長岡技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 何も行動などを行っていない安静時にも脳は活動しており,安静時脳活動と呼ばれる.これまでに,安静時脳活動に対する運動学習の影響が機能的磁気共鳴画像法により確認されている. 本研究では,簡便に脳機能を計測することができる機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いて安静時脳活動を測定した.特に,短期運動学習過程における安静時脳活動変化をfNIRSにより検出し評価することを目的とした.実験では,指系列運動に関する運動学習を実施し,学習前後の安静時脳活動を計測した.そして,グラフ理論に基づきfNIRS信号から脳ネットワーク特性を算出し評価した.解析の結果,脳ネットワークの局所的特性が変化すること,学習後にネットワークハブが増加する傾向が確認された. 
(英) The resting brain activity is expected to be applied to rehabilitation. functional magnetic resonance imaging study confirmed the influence of motor learning on resting brain activity. In this study, resting brain activity was measured using functional near-infrared spectroscopy (fNIRS), which can measure brain activity easily. Purpose of this research was to detect and examine the brain activity change at rest from the fNIRS signal in the short-term motor learning process. In the experiment, the subject performed motor learning for sequential finger movements. In addition, brain activity at rest was measured before and after motor learning. Based on the graph theory, brain network characteristics were calculated and evaluated from measured fNIRS signals. Results of the analysis confirmed that the local characteristics of the brain network changed with the motor learning, and the tendency that the number of network hubs after learning increased compared with before learning was also confirmed.
キーワード (和) 機能的近赤外分光法 / 安静時脳活動 / 運動学習 / グラフ理論 / / / /  
(英) functional Near-Infrared Spectroscopy / Resting State Brain Activity / Motor Learning / Graph Theory / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-114, pp. 141-146, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-114 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) fNIRSを用いた短期運動学習過程における安静時脳活動変化の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of resting brain activity change in short-term motor learning process using fNIRS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機能的近赤外分光法 / functional Near-Infrared Spectroscopy  
キーワード(2)(和/英) 安静時脳活動 / Resting State Brain Activity  
キーワード(3)(和/英) 運動学習 / Motor Learning  
キーワード(4)(和/英) グラフ理論 / Graph Theory  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柄澤 匠 / Takumi Karasawa / カラサワ タクミ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 草野 利樹 / Toshiki Kusano / クサノ トシキ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 南部 功夫 / Isao Nambu / ナンブ イサオ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 安弘 / Yasuhiro Wada / ワダ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-114 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会